スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

走れることは当たり前じゃない(動画あり)

諫早へ長田T.Tの観戦に行ってきました。レースの数が減って練習の成果を出せる場も少ないので、こういう新しいイベントは大変ありがたい。運営に携わっていただいた方々に感謝します。

20年程前、日本のプロロード選手たちの合宿に毎年顔を出していた頃の話。「選手はレースを走らせてもらえることに感謝しなければいけない」「レースが開催されるからプロは仕事の場として、アマは楽しみの場として走れる」

開催に関わる全ての方々への感謝を忘れるなという話をよく聞いていた。オリンピック等のような大会と違い、民間での小規模レースは、競技普及を望む愛好者たちの手弁当でやることが殆ど。

選手は僅かな参加費を払うだけで当然のように走れるが、レースを立ち上げるのは大変。自分も少しだけかかわった経験があるので多少は分かる。せっかく立ち上げてもらった貴重な地元レースを発展させるためにも、感謝を忘れずたくさん参加することが大事だと思う。中坊ども、そこ絶対忘れるな。

今回の長田T.Tは好天に恵まれ、たくさんの参加者が楽しんでいたので、県内のイベントとして嬉しい限りでした。重ねてお礼申し上げます。

ついでに言うとAECからの参加者も(機材は2周遅れのおんぼろながら)なかなかの好成績で、若手の今後がまた楽しみ。来年もこのペースで行くぞ。

 

 

以下は本文と無関係。知人の死に対する訴え。

健康で自転車に乗れる日常が無くならないように、一緒にしっかり考えましょう。自転車と無関係の動画(自身と家族の健康のため知っておきたい方向け)

例1)食中毒を出した店は腹を壊しただけで営業停止。例2)小林化工は水虫薬で二人が死亡し会社は終わった。一方「重大な副反応(厚労省)」で数万人死んでもガッポガポの会社もある。なーぜだ?

スポーツエイドステーション
アルカンシェル

〒858-0925
長崎県佐世保市椎木町533-5
電話:0956-48-4131
建物裏側に駐車場有り
営業時間:
10:00~12:00
13:00~19:00 

Translate »