スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

弟子らとサイクリング

投稿日 2020年5月25日 月曜日

おかげさまで来店前に予約を入れてくださるお客様が増えてます。

もちろん突然来ていただいても歓迎なんですが、「〇日の〇時頃行くね」と知らせてもらえると準備もできるし、他のお客様との時間調整もできるのでお互いに助かります。

コロナウィルス感染拡大予防名目で18時閉店に営業時間を変更していますが、連絡いただければ19時まで開店していますのでご遠慮なくどうぞ。

 

弟子1号と4年ぶり(もっと?)で一緒に走った。

ちょっと前に弟子2号から「一緒に走りませんか」と挑戦状を叩きつけられた。準備するのもめんどくさいし、また苦しめられるのかと思ったが、幸い時間だけは十分あったので「よかろう、受けて立とう」と朝から走りに行った。

走ってみるとやはり自転車は楽しい。理想通りには足は回らないし、息は切れるし、乏しい筋肉はひくつくし、その後一日疲れたが、風を切って自力で走るのはやはり気持ちいい。

無理やり引っ張り出されたおかげで良い気分を味わえたので、今度は俺が弟子1号を引っ張り出してみた。俺より走ってないので「俺有利」が目に見えていたからだ。自転車は自分が一番強いと楽しさ2倍だ。・・・はっ!つまり2号も・・・

弟子1号は俺の元秘書。今はうちの何倍も立派な会社の社長秘書になっている。が、自転車は何倍も弱くなっている。

久しぶりに赤子の手をひねる様に「生かさず殺さず」の市中引き回しの刑に処してやったら、たいそう喜んでいた。

1号も2号もドM。俺はドS。またいつか皆で体質に合った走りに行きましょう。

軽い運動のつもりが

投稿日 2020年5月12日 火曜日

運動不足を感じる今日この頃。昔は肉体労働者だったので、わざわざ仕事以外で汗などかく気はサラサラなかったけど、今は違う。

このままではふにゃふにゃの体になってしまいそうなので、危機感から手っ取り早く階段上りをやってみた。走ると膝を壊すので速歩の感じで。

最初から無理はいけないし、まずは軽く、そして徐々にペースアップ。ただ上るのじゃつまらないから今度はタイム計測。すると最後は足が上がらず心臓がオーバーヒートしそうになって1分18秒・・・体力なさすぎ。

かなり苦しかったけど、本気で行けばあと数秒は縮まるはず。これはまるで1kmT.T。身体が苦しくなると40年近く前の記憶がすぐに甦る。

意志に逆らうように体が全く動いてくれず、全力で呼吸をしても酸素が足りない。酸欠のぼんやりした脳で「これが肉体の限界か?」という感覚を持ったことある人はどれくらいいるだろうか? 体中の穴という穴からうん〇が噴き出しそうで、生死の境にいるようだった。

1分ちょっとに人生を賭けて勝負していた未成年の俺。きっと才能が無いが故に人一倍苦しかったんじゃないかと思っている。

とりあえず当時ほど苦しまずに1分9秒あたりを出せる様、目標を持って練習してみる。課題は筋肉に頼らない足運びと心肺機能向上。もう大人なので、ペース配分も考慮する。

短時間でもおっさんには良い運動。一気に追い込んで一気に体力強化してやる。

投稿日 2020年5月08日 金曜日

新型コロナウィルスに効くかも?というアビガン、レムデシビル、シクレソニド、アクテムラ・・・日本語ではおどろおどろしい語呂が並ぶ薬の数々。

いかにも恐ろしい副作用が出そうな感じしかしない名前だ。

病院嫌いな俺は、怪我以外では極力病院を避けるようにしている。打たれた注射で死にそうになったこともあるし、薬は反面毒でもあると思っているから飲まずに済むなら飲みたくない。

病院には怪我で何度もお世話になっているし文句はないけど、入院中処方された痛み止めや抗生物質などは、残念ながらゴミ箱行きになった。薬飲むくらいなら痛みは我慢する。

そうはいっても背に腹は代えられない時もあるだろうし、人にそうしろと言う気もない。コロナ騒ぎで慌てて承認した薬から薬害が出ないことを祈るばかりだ。

すごく頭の良い人達が研究と実験を重ね、人命第一の使命感で作り出したものだと信じたいが、検証には時間が必要なことも多いので、特に若い人たちには慎重な服用を望む。

頭が良い者は生き残るが、結局最後に生き残るのは他人に命を預けず自分で守る者、身体が強い者。断食とサバイバルYouTubeを通してそんなことも感じた。

自転車乗って免疫力上げようというお話でした。

明日9日13時から開店します。

10周年を迎えました

投稿日 2020年4月30日 木曜日

アルカンシェルはオープンから10周年を迎えました。目標を達成しただけに景気よく記念イベントでもやりたかったんですが、まさかの地味営業。県内に出た休業要請からは外れていたので、目立たぬようにひっそり営業しています。

開店からこれまで支援していただいた皆様にあらためて感謝申し上げます。10年を機に、今後も社会の公器として仕事に邁進する所存です!(大げさ)

自転車屋が「生活必需物資販売施設」というのに分類されていると初めて知った。社会インフラの一つであるとは思っていたけど、スーパーやガソリンスタンドと一緒で無くなると困る店ではあるらしい。

無くなると困るといえば、インターハイが中止になった。高校生の部活はほぼ2年半。3年生にとって最後の高校選抜、インターハイが中止になり、このままじゃ国体も・・・チーム競技は練習もままならない状況だろうし、試合が無い部活はクリープを入れないコーヒーどころじゃない。

スポーツで進学を考えている子もいるし、実業団選手やプロ選手を目指す若者もたくさんいる。自転車競技はプロを目指す選手もいるが、大抵の学生は高校の部活終了でスポーツと距離を置くことになるだろう。その最後の年がこんな終わり方ではかわいそう。何とか地区大会だけでもやれたらいいけど。

50を過ぎた今でもインターハイや国体で走った思い出は心に刻まれている。あの経験は後の人生に大きく影響したし、はっきりと未来を変えた大会でもある。

部活も授業も受けられない全ての学生達に、もう一年その学年をやり直させてあげたいが無理だろうか? どこかから鶴の一声はないのか?

9月年度初めの議論もあるけど、卒業入学シーズンに桜が咲かないのは日本人として寂しい気もする。

10年ぶりの断食2

投稿日 2020年4月27日 月曜日

断食すると、内臓に余計な負担をかけないから、その分免疫力が上がるという。本当かどうかは知らないけど、血液も違うところで使うはずだし、体調はすこぶるよくなる。コロナも怖くない。

飯食う時間が必要ないし飯代も使わないので、ちょっと得した気分。無駄な脂肪は減ったし、食事の有難さも改めて身に染みる。特に体や頭が動かないこともないし、いいことばっかりじゃないか?

でも、そんなことより断食の効果は精神的なものの方が大きい気がする。普段やらないことに挑戦して克服するとか、人がやりたがらない道を自ら選ぶ事への満足感。「へへへ、お前らやったことないだろ?」とか「あーだこーだ言う前にやってみろよ」とか「俺は一週間くらい水だけで生きていけるぜ」とか心の中でニヤニヤできる。

とにかく「実体験」は大事だ。まだ限界までは程遠いけど、いつもと違う生活をするのは自分の生命力を試してるようで面白い。

ともかく7日断食を終え体重計に乗ると4キロちょい減。やはり運動量不足で10年前のようには落ちない。掴める腹がつまめるくらいになった程度。10日はやってもよかったか?

コロナ自粛の不自由と、山ほどの食糧があるのに食わない自由と、営業時間短縮でできた一人の時間の自由。自分史上初は楽しいぞ。

自称変わり者の方は是非やってみなはれ。

10年ぶりの断食

投稿日 2020年4月26日 日曜日

二週間ほど前の事。一週間の断食生活に突入した。

選手引退直後に初めての断食に挑戦し、飽食と贅沢にあふれた世界を思い知ってから約10年。コロナ自粛で不自由を強いられる現状に追い打ちをかけるにはモッテコイと思って再度チャレンジ。

前回の断食はまだスポーツ選手の名残がある頃で、自転車にも結構乗っていたので消費カロリーは多く、脂肪も少なかった。

今は運動不足のおっさんで基礎代謝も落ちまくりーの脂肪付きまくりー。さてどうなるか?

不思議なもので、やるぞと決めた時からあまり腹も減らなくなり、昼飯抜いても大丈夫になった。いよいよ開始の日から数日は全く腹が減らない。これなら無人島に漂着しても何とかなりそう。・・・と思いだし、サバイバル動画を見まくった。

サバイバルでは、先ず水→火→寝床→食い物の順で確保するべきらしい。無理だとわかっちゃいるがやってみたい無人島生活。男なら誰もが一度は夢見るはず。あのサバイバーなお客様(こちら参照)もきっと俺に同感だろう。

俺の断食なんて安全地帯でカプセルに入って疑似体験してるだけだが、来たるべき日(いつ?)に備え生命力を試しておくのは悪くないと思う。飯抜きくらいでビビらなくてすむ。

4、5日目にはさすがに少し腹が減るけど以前ほどの空腹感はない。当時は日毎に覇気がなくなるのを感じたけど、おっさんはそもそもの元気がないので特に変化なし。

当時と同じなのは「食料CM」と「コンビニ悪魔」の恐ろしさだ。悪魔の誘惑とはまさにこれ。見なけりゃ腹も減らないのに、今の日本では四六時中目につくようになっているからこれとの戦いだ。

STAY  HOMEな皆さんは暇だと思うので次回に続く。

今のうちに

投稿日 2020年4月18日 土曜日

ついに全国に出た緊急事態宣言。県内では特に休業要請はないが確実に来客は減っている。俺もどこにも行けず退屈してるけど、こんな時は無駄な寄り道せずに全国民一丸で大人しくするしかないだろね。

無駄をなくして分かるのは、日頃の無駄の大切さ。スポーツも芸術も特別な食事も、有っても無くてもいい様なものだけど、それが余裕になったり癒しになったり活力になったり。どうでもいいような事が、楽しく生きるには大切だと思い知らされる。

ある意味今、俺らは貴重な体験をしている。病気になった方は気の毒だし、社会人も学生も厳しい生活を強いられる前代未聞の異常事態だが、自分を見直すのにはいい時間かもしれない。前向きにとらえるしかない。

他のスポーツ選手がトレーニング動画をアップしてるように、屋内トレや一人練習が進歩する可能性もある。自転車はそもそも屋内トレは当たり前なので、世界中でヘッドパーツ周辺の錆びが急増してるだろう。

しかし自転車はやっぱり外を走るのが楽しい。走れば必ずメンテも必要になるから、「チェーンが伸びた。ワイヤーが切れた。変速の調子がおかしい」と修理の依頼は持ち込まれる。

休業してしまうと困る方もいるので、店を開けられるうちは開けておかなきゃと考えている。

遊び相手がいなくて退屈してます。今のうちに愛車のメンテなどどうぞ。

ひまつぶしにどうぞ

投稿日 2020年4月07日 火曜日

2回目を子供たちが楽しみにしていたジュニアライディングスクールは、なんとか開催したいと思っていたので、ぎりぎり間に合った。

一応開催前に断っておきましたが、政府の緊急事態宣言が出たので、状況改善までJRSは当面休止することに決定しました。みんな復習しておいてくれ。

同じくクラブの練習会もしばらく休止。これまでも各自で判断してくれる賢い人達ばかりなので、今更休止宣言は必要ないけど、俺も感染は嫌なので政府の発表を機に念の為にこちらも宣言しておきます。

今日と同じ明日が来るとは思わない方がいい。競輪選手時代に何度も何度もそう思った。すべてが絶好調の生活が、翌日には手術台の上。そんなジェットコースターは何度も経験済みで、明日は何が起こるか分からないと身に染みている。俺達は年中いつでも非常事態だった。

むしろ順調に毎日が続く方が不思議なくらい。だからできる時にできる事をやっておく。平時に心配ばかりしても仕方ないし、状況が変わったら受け入れて対応するしかない。そんなものだと思っているから俺は特に問題なし。

あの時もっとこうしていれば・・・やっときゃよかった・・・とか言っても今更もう遅いのだ。

時間があるので引き出しをほじほじしてたら出てきたパーツ。自宅待機で暇な人は考えてみて。「わかるかなー?わかんねぇだろうなぁー(久しぶりの松鶴家千とせ)」全部わかった奴はなかなかやるな。

迫ってきた

投稿日 2020年3月27日 金曜日

長崎県内で二人目の感染者。この時期は留学帰りが多いそうだから油断できない。

とうとう日本のプロ野球選手まで感染したコロナウィルス。オリンピックの延期も仕方ないし、各プロスポーツの試合中止もこの状況じゃ仕方ない。とうとう気合い論じゃ片付けられない段階に入ってしまった。

競輪も現在無観客レースを行っているが、選手に感染者が出たら開催中止と聞いている。開催が無ければ当然仕事が無い関係者たち。走らにゃ生活の糧の賞金をもらえない選手たち。生活どうする?

公務員と違って自営業や多くの民間の労働者にとって、仕事ができないのはまさしく死活問題。いつも通り仕事はしたいが、感染して誰かが死んだら身も蓋もない。悩ましい日々が続いている。

俺だって他人事じゃない。巣ごもりする人が増え、経済が停滞し、自転車なんて乗ってる場合じゃないとなってしまったら?

どんな状況でも自転車に乗りたい人たちは必ずいる。ならば郊外もしくは自宅でローラー乗るしかない!屋内で空気淀ませるのがダメなら、換気扇と扇風機とローラーぶん回す。そんな人達が都会では多くいるはずだ。

このあたりじゃ人気のない場所はいくらでもあるから走りに行けるだろうが、人口密度の高い地域の人たちは自宅でローラーが一番かもね。

自粛要請で閉店する日が来ないことを祈る。

延期なのか?

投稿日 2020年3月23日 月曜日

世界中に鎖国と戒厳令が広がっている。当然、自転車も含めて色んな物流にも支障が出てきた。

いかに中国とつながっていたか、海外諸国に頼っていたかを思い知る。朝から晩までコロナウイルスの話題で持ちきりで、最近はオリンピック延期の可能性についての報道が増えてきた。

冗談じゃない。俺がどれだけ時間をかけてオリンピック観戦の準備をしてきたと思ってるんだ?チケット購入のために各競技スケジュールとにらめっこしてエクセルで作表を重ねてきた努力を無にする気かー!エアチケットだって押さえとるんじゃーい!

・・・とか、選手の努力に比べたら屁でもないことでさえ心配してるのに、選手たちはたまったもんじゃないだろう。関係者は悲観的な理由より、オリンピックを決行する方法を考えて欲しい。

6月の「壱岐サイクルフェスティバル」も早々に中止になった。少しでもレースを支援する壱岐の方々、観光業の方々の力になればとAECのメンバーは、旅館をキャンセルせずにサイクリングに行こうと呼びかけている。

自然災害の時も観光を控えるより現地に行った方が助けになるし、レース開催に対する感謝になると思う。報道に振り回されて不必要なキャンセルをするより、走りに行こうというメンバーの思いには頭が下がる。さすがだキャプテン。

いっそ参加予定だった選手全員が壱岐観光サイクリングに行ったら、新しいイベントできるんじゃないか?サイクリストの思いも地元の人に伝わるはず。壱岐に限らずどこのレースイベントでも同じくだ。

ブログなのでいつも通り悪乗り無責任発言させてもらうと、自転車で走ってりゃ換気は良すぎるくらい。COVID19に感染する暇ないだろ?それより風邪ひく方が確率高くないか?

いっそ中国みたいにデータ捏造で「日本の感染者は今月も0です」とか発表して、当たり前のように普段の生活に戻したらどうなるだろ?PCR検査は全国民拒否とか。仮に感染しても風邪だと言い張るとか。

あるメンバーはこの時期に九州旅行を決行。今度は船で関西旅行へ向かう。さすが大和撫子だ。

御国のために散ってきてください。無事帰還の暁には2週間隔離の後に会いましょう。(真に受けないように)

次のページ »

営業日カレンダー

営業時間を戻します

営業日カレンダー

« 2020年5月»
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
  • AM&PM営業日
  • AM予約専用/PM営業日

最近の投稿

アルカンシェルまでの地図

過去の投稿

カテゴリー



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

管理者専用

Translate »