スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

迫ってきた

投稿日 2020年3月27日 金曜日

長崎県内で二人目の感染者。この時期は留学帰りが多いそうだから油断できない。

とうとう日本のプロ野球選手まで感染したコロナウィルス。オリンピックの延期も仕方ないし、各プロスポーツの試合中止もこの状況じゃ仕方ない。とうとう気合い論じゃ片付けられない段階に入ってしまった。

競輪も現在無観客レースを行っているが、選手に感染者が出たら開催中止と聞いている。開催が無ければ当然仕事が無い関係者たち。走らにゃ生活の糧の賞金をもらえない選手たち。生活どうする?

公務員と違って自営業や多くの民間の労働者にとって、仕事ができないのはまさしく死活問題。いつも通り仕事はしたいが、感染して誰かが死んだら身も蓋もない。悩ましい日々が続いている。

俺だって他人事じゃない。巣ごもりする人が増え、経済が停滞し、自転車なんて乗ってる場合じゃないとなってしまったら?

どんな状況でも自転車に乗りたい人たちは必ずいる。ならば郊外もしくは自宅でローラー乗るしかない!屋内で空気淀ませるのがダメなら、換気扇と扇風機とローラーぶん回す。そんな人達が都会では多くいるはずだ。

このあたりじゃ人気のない場所はいくらでもあるから走りに行けるだろうが、人口密度の高い地域の人たちは自宅でローラーが一番かもね。

自粛要請で閉店する日が来ないことを祈る。

延期なのか?

投稿日 2020年3月23日 月曜日

世界中に鎖国と戒厳令が広がっている。当然、自転車も含めて色んな物流にも支障が出てきた。

いかに中国とつながっていたか、海外諸国に頼っていたかを思い知る。朝から晩までコロナウイルスの話題で持ちきりで、最近はオリンピック延期の可能性についての報道が増えてきた。

冗談じゃない。俺がどれだけ時間をかけてオリンピック観戦の準備をしてきたと思ってるんだ?チケット購入のために各競技スケジュールとにらめっこしてエクセルで作表を重ねてきた努力を無にする気かー!エアチケットだって押さえとるんじゃーい!

・・・とか、選手の努力に比べたら屁でもないことでさえ心配してるのに、選手たちはたまったもんじゃないだろう。関係者は悲観的な理由より、オリンピックを決行する方法を考えて欲しい。

6月の「壱岐サイクルフェスティバル」も早々に中止になった。少しでもレースを支援する壱岐の方々、観光業の方々の力になればとAECのメンバーは、旅館をキャンセルせずにサイクリングに行こうと呼びかけている。

自然災害の時も観光を控えるより現地に行った方が助けになるし、レース開催に対する感謝になると思う。報道に振り回されて不必要なキャンセルをするより、走りに行こうというメンバーの思いには頭が下がる。さすがだキャプテン。

いっそ参加予定だった選手全員が壱岐観光サイクリングに行ったら、新しいイベントできるんじゃないか?サイクリストの思いも地元の人に伝わるはず。壱岐に限らずどこのレースイベントでも同じくだ。

ブログなのでいつも通り悪乗り無責任発言させてもらうと、自転車で走ってりゃ換気は良すぎるくらい。COVID19に感染する暇ないだろ?それより風邪ひく方が確率高くないか?

いっそ中国みたいにデータ捏造で「日本の感染者は今月も0です」とか発表して、当たり前のように普段の生活に戻したらどうなるだろ?PCR検査は全国民拒否とか。仮に感染しても風邪だと言い張るとか。

あるメンバーはこの時期に九州旅行を決行。今度は船で関西旅行へ向かう。さすが大和撫子だ。

御国のために散ってきてください。無事帰還の暁には2週間隔離の後に会いましょう。(真に受けないように)

異常事態

投稿日 2020年2月29日 土曜日

一気に拡大しだした「COVID-19(というらしい)」学校もHTBも動きが止まる

異常事態。これが始まりでなければいいが・・・

街ではあっちもこっちもマスクマンだらけ。マスクが売ってないようだけど皆どこで手に入れてるんだ?在庫切れになる頃大流行したらどうなる?そもそも本当に品切れなのか?

マスクが品薄になったら今度はなぜかトイレットペーパーやティッシュまでも買いまくる人が出たらしい。昔のオイルショックでの買い占めを思い出した。子供の頃「なんで石油が無くなるとちり紙がなくなるのだ?」と思っていたけど、やはりあれも関連ないデマだったと聞く。

そもそも50年前に「石油はあと30年で枯れる」なんて言っていた。なんでもかんでもウソばっかり。

今回のウィルス発生も何か裏があるに違いない。ウィルスなんてきっと人間が作り出してると俺は睨んでいる。経済の波を作って儲けたい奴らか?オリンピックを無観客試合にしてテレビ放映で儲けようとしてる奴らか?増えすぎた世界の人口を減らそうとする支配者か?

まんまと罠にかからないように免疫鍛え上げてどんな病気にも打ち勝つ抗体を作るしかない。武田邦彦先生によると「汚いもの食べて時々怪我して血を流す」くらいが良いらしい。土で遊ばず、抗菌グッズに囲まれ、清潔な環境に慣れ切った生活はやばいかもしれない。

大量のミミズをペットとして飼うその小僧は、お金もスペアタイヤも持たず自転車でどこまでも走りに行き、ハンガーノックの末に畑のスイカを盗んで食って腹を満たし、ヒッチハイクで帰ってきた。そんな奴はウィルスと無縁。インフルエンザも避けて通る。病気になっても寝てれば治るから薬も体温計も不要。でも睡眠不足にはめっぽう弱いので、一応俺も気を付けています。

皆様のためにAECはエタノール設置中です。

ずれてる

投稿日 2020年2月24日 月曜日

身体がおかしい。ほとんど肉体労働が無く、頭と目と指先だけ使った仕事をしていると体の調子がおかしくなってきた。

妙に頭が冴えて朝早くに目が覚める。もともと早寝早起きとはいえ、考えることがあるここ最近は3時や2時に目が覚め頭が一気にぐるぐる回り出す。時計を見ると早けりゃ0時台。目はしょぼしょぼ。

目覚めた時に「これは絶対早すぎる」と分かるのだが、二度寝ができない性質なので、無理やり眠ろうとするがやっぱり眠れない。以前一人サマータイム実施中と言っていたが、これじゃ海外にも行かないのに一人時差ボケ。やばいくらい昼間に眠たい。

何にも考えずに体動かして汗かいてる方が体のリズムが整っていい気がする。選手時代は1日10時間は寝ていた。それが今では4,5時間。なぜだ?

仮説として考えられるのは、①脳みその容量が少ない。→ ②長い睡眠時間じゃ頭の整理がつかない。⇒ ③早起きして頭働かすしかない。→ ④体が勝手に早朝サービス残業。

仮説2としては、①自転車乗ってないから体が疲れない。→ ②運動しない代わりにPC眺める時間が増えた。→ ③相乗効果で疲労が老眼に集中。→ ④視神経と睡眠時間に何らかの関係あり。

俺が寝る頃仕事してる人は多い。俺が起きる頃寝る人もいる。俺は起きて4,5時間は用事がある人に電話もできない・・・ずれてる。

こうなりゃいっそ夜勤に変える?

古代ロマン

投稿日 2020年2月02日 日曜日

俺が小学生の頃、学校近くの洞窟で世界最古の土器が発見された。13000年前の物らしい。通学路沿いにある泉福寺洞窟は子供ながらに古代の夢を膨らます存在だったが、どれだけすごい発見かその頃はよくわからなかった。

中学校の近くにあった岩下洞穴へも子供の頃遊びに行っていた。こっちは人骨もたくさん出てきたと知り巨岩の下のスペースに思いを馳せた記憶がある。

用事で通りかかった道に「岩下洞穴」の看板を見つけ、久しぶりに行ってみようと思った。もちろん当時は徒歩で遊びに行っていたので、車で行くのは初めて。道はすっかり忘れていてナビを頼りに進んでいくと、「おおおっこれこれ!」かすかな記憶と重なる風景。

昔はなかった案内看板と共に「古代人の霊」まで祀ってある。どうせだから人骨のレプリカとかも展示してればいいのに。

古代ロマンに浸り、洞穴をのぞき込むと「掘ってみたい・・・未発見の人骨とか掘り出してみたい・・・・」「掘ってるところ見つかったら怒られるかな?明日の朝刊に載るのも恥ずかしいし・・・」大人なので欲望をぐっと堪え、雨が降り出すまで30分ほどうろうろしていた俺。

子供の頃から遺跡の発掘調査や化石発掘に興味があったが、再び炎に火が付いた。アルバイトの話があれば参加したいので、コネがある人は是非紹介してください。

岩下洞穴は南に大きく開けた谷と川を見下ろし、背後と周囲は巨石が雨風を受け止めてくれる自然が作った絶景の優良物件。住み心地もよかったと思う。古代人はここでどんな暮らしをしていたのか?

今度は泉福寺洞窟に行ってみようと思う。

人生初の経験

投稿日 2020年1月27日 月曜日

日曜日に子供たちのスクールが終わり、早速次の仕事に取り掛かるため水木と出張していた。

人ごみの中を歩くことしばし、街中はマスクマンたちであふれている。会場で案内を受けたお姉さん方は美女揃いで文句ないのだが、変な咳をする人もいた。

木曜の暖かい午後にものすごい眠気が襲ってきた。それは14時ごろ。さすがに眠くなるのが早すぎるんじゃないか?でも眠気はいつもの事なので「ここは我慢!」と気合を入れるが、ちょっと嫌な予感もしたので2時間ほど仕事を切り上げ帰途に。

その日から金曜、土曜と体調は一直線に悪化。頭痛がひどいし悪寒もする。もしやこれが噂に聞くインフルエンザなるものか?やばい!どこで伝染された?一緒にいた仲間からも数日うなされていると連絡が入る。

土曜は閉店時間をどんどん繰り上げ16時にシャットダウン。クラブのメンバーに日曜の朝は勘弁してもらい、午後から開店と告げて19時に寝る。具合が悪い時はただひたすら寝るに限る。

熱にうなされながらも12時間と午前中いっぱい寝るが「今日はだめだ」俺の「病気で仕事を休まなかった記録」に初黒星。哀れ日曜欠勤となりました。日曜に来店予定だった方々申し訳ありません。

怪我では思い出せないほど沢山仕事を休んだが、病欠は生涯初。もうおっさんだから仕方ない。

その後も寝るだけ寝たら、月曜朝には元気になってAEC開店できました。ピンピンしてるのでたぶんインフルエンザでもないはず。だって一度も罹患したことないから死ぬまでないね。

咳する美女に近づきすぎたかな?

記憶にございません

投稿日 2020年1月15日 水曜日

昔から政治家並みに記憶力に問題がある。これまでずいぶんいろんな面白い経験をさせてもらったはずなのに、忘れてしまったことが多い。誰でも過去の記憶は薄れていくと思うが、たぶん忘却スピードが人並み以上なのは容量不足かそういう病気か?

嫌な事を忘れるのはいいけど、楽しい記憶も忘れるのは勿体ない。「お前は昔のことを覚えていない」と若い頃からよく言われていた。全部忘れたわけじゃないけど、同じ時に同じ体験をした人と比べて「うろ覚え」が多すぎる。

先日久し振りに会った友人は30年も前の会話をシチュエーションと共に覚えていて「お前があの時こう言った」とか詳しく話すので、なんだか過去を都合よく書き換えられている気分だった。俺は愛想笑いで適当に「そうだったかも」と話を合わせる。 こいつ録音でもしてたのか?

お客様方との会話をきっかけになんとなく思い出した過去の出来事。ブログを読み返すと鮮明に思い出すことができて重宝している。何しろ10年分の日記が残っているのでクラウド脳みそ代わりになる。戯言でも書いておいてよかった。

過去のブログをしばらく読んでいると、最近の記事は面白くない。外に走りに行く機会がないのでアクシデントやトラブルが無い。各地を飛び回ることが減ったので、目をひん剥くような驚きや感動が少ない。こんなんじゃいかん・・・

インパクトが少ないと、ただでさえ足りない脳みそがツルツルになってしまう。もっと刺激を、もっと感動を求めて今年は動き回ることにした。

令和2年になりました

投稿日 2020年1月03日 金曜日

新年あけましておめでとうございます。

元日は夜明け前からサイクリングに出撃しました。丁度景色が良い所でなにやら佇むおじさん方が数名。上ろうとする朝日をカメラを構えて待ってます。

俺らも「ここは拝んでいくしかないだろう」という事で、見事な初日の出に手を合わせてきました。関わる人皆の無事故と、健康長寿と、順調な仕事と、家庭から世界までの平和と、学力向上と、身体能力向上と、恋愛成就と、子孫繁栄と・・・とにかくつつがなく穏やかに暮らせる一年を祈念して。

それにしてもこの写真、太り過ぎと着膨れが顕著で、令和2年早々の戒めのようですな。

そして今日はこれからお客様方との走り初め。天気も良いし気温も高め。数年前の積雪断念という心配も不要で烏帽子岳山頂まで走ります。伴走車つきサイクリングなので防寒対策は完璧で行きましょう。9時半スタートなので今からでも参加できますよ。

明日4日5日とAECはオープン。と思ったら6,7日に正月休み第2弾なのでご注意ください。8日より通常通り営業いたしております。

元日より4時、2時、4時と平均起床時間が早い俺。今年も早寝早起きで健康に生きたいと思います。今年もアルカンシェルとのお付き合いどうぞよろしくお願いいたします。

トイレ以外でも

投稿日 2019年12月25日 水曜日

20代の頃、ふと思ったのは「ずっと自分の尻拭いをし続けるのが生きるって事じゃないか?」今でもそう思っている。

上手くいくこともあれば失敗することもある。調子に乗ったかと思えば奈落に突き落とされる。色々なものを手に入れようとすれば苦労もするし嫌な目にも遭う。手に入れ背負い込めば重くて捨てたくなるが、放り出すわけにはいかないので手間をかけて一つずつ片付ける。

要らなくなったからと耳塞いで目を覆って放り出す事はできないので、自分の責任で処理して初めて次に進める。右に進むか左に行くか?どっちを選んでも自分が選んだ過去の後始末をしながらまた進む。面倒な尻拭いから逃げていたら次には進めない。だからずっと自分の行いの尻拭いをしている感じ。

今年はでかいクリスマスプレゼントを手にしたので、これからがまた大変だけど楽しそう。旨いものいっぱい食べると大糞出るから、きれいに尻拭いしていかないとね。

自分のケツくらい拭ける男でありたい。

寒くない冬

投稿日 2019年12月24日 火曜日

12月なのに今年も暖かい日が続くので、サイクリングに出かけてみた。トレーニングではないので車も通らない細い道や、景色がよさそうなところにちょろちょろ寄り道を目的に。

プラプラ走っていると体が温まってきたので、グローブを外し素手で走ってみた。ほんの少し冷たく感じるブレーキレバーが、自転車と体の距離を近付けてくれる。

俺の師匠は氷点下の雪の日に「気合を入れるため」と素手で国見を上っていたくらいだし、誰もが素足に穴ぼこだらけのシューズで走るのが当たり前という時代もあった。今の気候なら素手でも十分。

スクーターに乗る時は着ぐるみ以上に厚着で走るし、冬物グローブも役立たずと思うほど寒いが、自転車ならシューズカバーも無ければ無いで気にならないし、割と薄着で走ることもできる。安全のためにグローブは付けるけどね。

このまま暖かいと走る分には都合がいいけど、季節感が無いのも寂しい感じ。雪の舞う中、手足を痺れさせ、顔をこわばらせて走るのもいとをかし。

1月3日の走り初めは9時半から。凍結しなければ烏帽子岳に登りたいと思います。当店のお客様であればどなたでも遠慮なくどうぞ。

次のページ »

営業日カレンダー

こっちも延期

営業日カレンダー

« 2020年3月»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
  • AM&PM営業日
  • AM予約専用/PM営業日

最近の投稿

アルカンシェルまでの地図

過去の投稿

カテゴリー



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

管理者専用

Translate »