スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

それ気のせい(動画あり)

投稿日 2022年5月18日 水曜日

久しぶりにキングと長電話。

ニセコのレースを走るため練習している61歳。高校や大学の自転車部員と走ることもあるが、今は一人で昔からやってる練習で調子を上げているらしい。

周囲からは「年齢的にそれは無理です」とか「年なんだから仕方ないですよ」と言われるが、「お前ら年取ってやったことあるのか?ないやろ?」と一蹴。

激坂もアウターでもがき倒し、みるみるタイムを短縮してきた。「ほれ見ろ、インナーじゃこのスピードは出ないだろ」と周囲を驚かす。

最近はトッププロレベルのパワーが出るようになってきたと笑っていた。

「スイスのヒルクライムレースでナショナルチャンピオンも振り切って優勝したし、ツールのステージ勝者にだって何度も勝った。誰でもやればできるんや」

そして話はいつも「自転車は本当に進化してるのか?」「タイムを比べると機材より根性やろ」「歳をとると走れないとか、苦しいとかは気のせいだろ」とかの話になる。少なくともこの25年間は度々そう聞いている。

大昔からSRMも東独の科学トレーニングにも精通し、今も世界最先端の機材で人体実験するキングだが、やっぱり肝は「根性」に尽きるという。

その精神を九州の若者に伝えたいといつも言われる。九州男児として根性世代を絶やすわけにはいかんから、AECは時代錯誤と言われようとその路線で行く。

週末の江里峠T.Tで誰か根性見せてくれるかな?

常識のように言われることも一応疑った方がいいかもね。この動画もどうぞ。

沖縄復帰50年

投稿日 2022年5月15日 日曜日

最初に沖縄の地を踏んだのは35年程前。今考えると本土復帰から15年程度しか経っていなかったが、当時は何も考えていなかった。

それから10年もすると沖縄に移住し、やんばるがホームコースになった。その間も道路はどんどん整備され、最初は驚くことも多かったのんびりした雰囲気も変化し、不思議で魅力的な島も内地の生活スピードに近づいていくのを感じた。

沖縄サミットも次々建設されるホテル群も、消えていくアクアポリスも、島の変化を象徴しているようで刺激的だった。

歴史のほんの一部を通りすがりに見た程度ではあるが、地元の方々との交流も含めて沖縄は自分にとって特別な場所。

今も沢山の問題を抱えているし、内地との差があるのは歴然としているが、反骨精神逞しく生きて他の県にない魅力を放つ沖縄は、今も移住者を惹きつけ続けている。

中止が続いたが、今年はツールドおきなわが開催されることを期待している。

そして開催が決定したら再度AECもツアーを組んで参加します。

頑張れ沖縄。

お花畑(動画あり)

投稿日 2022年5月07日 土曜日

「最近違和感だらけだよな?」「え?そう?」

「感じないか?コロナとか戦争とか・・・」「そういえばプーチンが悪いんだろ?」

「無料PCR検査の意図とかは?」「無料だから俺受けたよ」「それ税金ね」

「インフレとかは?」「あー、確かにガソリンが高くなったけど補助金あるよね」「それも税金ね」

プーチンは悪!ということに西側ではなっているけど、世界の半分はそう思っていない。ウクライナに潜入した西側ジャーナリストが上げた動画は、どう見ても逆の構図。

これが真実かわからないけど、TVで流さないこういう動画もたくさんある。そして間違いなくあちこちで嘘がはびこっているのは感じる。

原爆の映像に拍手する米大統領と、胸で十字を切るプーチン大統領。被爆県出身としての心情は言わずもがな。

TVと新聞だけを信じるお花畑に生きる人達は、今のところ何も不自由してないだろうけど、そんな時間が長く続くとは到底思えない。ばらまいた分の税金を最後に収めるのは誰だ?

自転車屋に自転車が入荷しない。国内メーカーの普及パーツが半年待ち。売り上げ落ちても助成金ホイホイ貸して(いずれ返済)くれるし、検査陽性になればどんなに元気でも堂々と仕事休める。・・・・なんてどれもこれも普通じゃなかろう。

 

AECは税金使いたくないので、代替経路で商品仕入れた。これから世界中で値上げと混乱が進む中、とってもお得な買い物できるかもです。

おっさんの歴史と楽しみ

投稿日 2022年4月29日 金曜日

おかげさまでAECオープンより12年が経過しました。ありがとうございます。

AECの歴史は高々そんなものですが、自転車の歴史はどんなものか?あらためて確認し、初心に返ろうとの意味もあって、先月新装開館した「シマノ自転車博物館」へ行ってきました。

 

あるわあるわ、お宝自転車の数々。売ればいくらか?とかの問題じゃなく、自転車の歴史の流れを生で纏めて見られるのは楽しい。

もちろん200年前からの展示物は知らないが、1960年代の自転車からは見たことあるものがちらほら。70年代になると「これ使ってた」とか「憧れてたけど高くて手が出なかった」とかになる。

 

食い入るように見ては撮影し、2周回目に入る。「ここだけは一人で行ったほうがいい」とアドバイスしてくれた先輩の忠告を聞いててよかった。時間を気にせず何度でも見る。足がくたびれて歩けなくなるまで。

歴代D/Aの展示は一気に比較できて面白いし、当時の自分と重ねて思い出も甦る。 (40年以上前の資料に自分の名前も見つけてきた)懐かしい。

店の記念日に、自転車の歴史と自分の歴史を振り返る良い機会になったと思う。

 

シマノ以外のパーツ展示物があればもっと良かったけど、それはあそこに行こうと決めてる所もあるから、次のお楽しみに取っておきます。

撮影した全部の写真を見て欲しいところだけど、紙面に限りがあるので興味がある人はご自身一人でどうぞ。

夢を叶えるには時間がかかる

投稿日 2022年4月25日 月曜日

自転車が好きになった人なら一度は見た方が良い自転車工房。ワクワクするはず。

最初のフレームから最後のオーダーまで30年間。幸いな事に多数のフレームビルダーに工房を見学させてもらった。

 

その一つ「ナガサワサイクル」の工房は、中野浩一さんの世界戦を制したフレームに始まり、広い工場に限りなく多数の自転車関連の品や工具、機械類があり、桁違いの世界に圧倒される。何日そこにいても全てを見ることはできないほどで、当然夜を徹して会話は続く。

師匠が日本で最初に依頼した「ナガサワ1号」は修業したデローザのフォーククラウンが使ってあった。その記念フレームは弟子の俺が譲り受け飾っていたが、フレームビルダーの”神様”長澤さんが欲しがっておられたので、「あるべき場所に」と献上した。

ナガサワに乗り出した新人の頃は、まさか俺の名前が付いたフォーククラウンがナガサワのスタンダードになるとは思ってもいなかったが、とても名誉なこと。これが俺の選手としてNO.1の実績かも。

 

そして今回、10年以上前に俺が最後にオーダーした自転車が手元に戻ってきたので、製作者に製造工程の写真をもらうことになった。

緻密で正確な作業は彼をプロの職人に導いたが当然だ。これを仕事にしろと俺はずっと言い続けていたくらいだ。

 

完成当時もブログに写真は乗せたが、これはオリジナル作成の正確な1/10模型。

数百枚の写真とノギスで計測したデータから数カ月かけて作り出された。

ホイールもハンドルもペダルもチェーンホイールだって回転する。パーツは全てひとつずつ削り出し組み付けてある。ホイールだってピアノ線スポークをおちょこで組んでセンターを出してある。

 

完璧な仕上がりに日本一のプラモメーカー社長も納得。見事プロデビューとなった。やっぱオタクと変人が最高!

ずいぶん遠回りはしたが、好きな仕事で食っていける幸せを手に入れた男。これからがプロの世界で勝負だが、夢のステップ一段目を叶えて良かったな。

お前が有名になったら「鑑定団」に出すから頑張れよ。

タケノコ

投稿日 2022年4月18日 月曜日

クラブAEC-Jr.と銘打ち、中高生を対象にメンバーを募り4月から練習を開始した。

中学生らと一緒に走り出して3週間。他のメンバーと一緒に走れるようになるまでは俺が引っ張ってやるぜ!くらいに思っていたが、その日は意外と早く来そう。

子供の成長はタケノコのように早く、おっさんの体力は足が早い(腐る方)。昨日も練習中に座布団1枚もらえそうとか思いながら走っていた。

新車を手に入れた中学生は、突然目覚めたかのようにスピードアップ。先週の教えを復習してきたらしく乗りこなしも上手くなっている。俺が教えた注意事項も守っている。

いいぞいいぞ、自分で何度も練習しないと耳で教わるだけじゃ上手くはならんからな。体でやるしかないのだ。

今のところおっさんと走っているが、この調子だとすぐに先輩方と走れるようになるぞ。自転車を乗りこなせるようになって道路のうまい走り方を覚えたら、もっと遠くへ、もっと速く走れるようになろう。

おっさんは踏み台だからさっさと強くなって、とっととJr.は卒業しろよ。長丁場になると俺がきついぞ。

新しいイベント(画像あり)

投稿日 2022年4月07日 木曜日

旅行に行くのが好きです。何十年もあちこち飛び回って仕事してきたので、数か月も一か所に留まるとソワソワして我慢ができない。チャンスがあればいつでもどこかに行きたいと企んでいる。

コロ騒ぎで観光業界は大変なので、応援も兼ねて「GOTOトラベル」も何度か利用させてもらった。

そもそも「人流抑制・ロックダウン」とか言いながらマッチポンプで国は何をやりたいかわからない。でも旅行は好きだからと再開を楽しみにしてたら・・・・

なんと名称変更「ワクワクイベント」に! これギャグか? ワクパス出さなきゃ使えない差別イベントに改めるらしい。

ほほーう。接種は自由と言いながら、あちこちから圧力かけてワクの在庫処分したいわけね。効果がないことがバレて余った分は、捨てるの勿体ないから期限書き換えれば使えるし。治験のデータたくさん取らなきゃ怒られるし。もっとももっとも。

日本一頭が良くて官僚も議員もたくさん出してる東大の皆さんだって、きちんとルールに従ってるんだから、我々平民はお上の言うことに逆らっちゃいけません。

でも俺は、旅行のクーポンとリスクを引き換える気はないし、心臓止まらず自転車に乗りたいから旅行は自腹で行く。なにが「ワクワクイベント」じゃい。

これも見て自転車乗る人も気をつけましょうね

これから始まる

投稿日 2022年3月28日 月曜日

新年度が始まる4月。次の日曜日からはAECも若手新メンバーを加えたジュニア育成プログラムをスタートする。

それに先立って作日曜日は江里峠T.Tで子供たちの現時点の脚力をテストしてみた。

未だ初心者なので、能力や体力はこれから幾らでも伸びるし、そもそも自分の持ってる力の殆どは出せていない事に本人たちも気付いていない。

そういう子供達にこれから楽しみながら自転車競技に親しんでもらおうと思っています。覚えること多いぞ。

先ずはひと月かけて自らの体力と勘の修復に励んできた俺。いくら子供相手とはいえ、運動不足甚だしいおっさんなので心臓止まったら困るし。

おっさんのリハビリは健康増進程度。うっすら汗ばむ程度にローラーを回し、少しずつ心臓を動かしてきた。経験上休養からの復帰プログラムには自信を持っている。

全く足は回らないけど、とりあえず地面も半年ぶりに走ってみて道路は左側通行と忘れてなかった。ここまでくればもう大丈夫だ。何とかごまかせそうな気がしてきた。

当分は体を壊さない程度で一緒に走るが、ついて行けなくなった頃にはスクーターという飛び道具を出せばいい。早くそうなるよう徐々に苛めてやるから小僧ども覚悟しとけよ。

俺は疑い深い (動画あり)

投稿日 2022年3月22日 火曜日

仕事は大したことやってないのに、やることが多すぎて時間が足りない。

やらなきゃやらずに済むことなんだろうけど、今やっとかないと後悔することになりそうなので仕事に境界を設けずやっている。会いたい人も行きたい場所も尽きない。

行動力が衰えてきたのか次々やりたい事が増えるからか、営業時間が一番暇に感じるという特異パターン。忙しそうに働いている昔の仲間と会って勤労意欲が湧いてきた。

そもそも知的好奇心を満たす時、30年前なら実体験か本を読むしかなかった。TVはそもそも信じてなかったから当時も話半分に捉えていた。でも95年にPCを手に入れてしまってからというもの情報量が増えすぎて、便利な反面、選択と収集にも時間が奪われるようになった。

過去何度もPC捨てて山に籠った方良いんじゃないかと思ったが、これも仕事の一つなので無駄は一つもないと思って教わり続けている。

貴重な情報は実体験がある人の正直な話。雑誌、新聞、TVは全てスポンサーと株主と政治諸々の都合があり、ネットも机上の空論は多いし、独裁国家と同様か巧みさではそれ以上に情報統制されている。デマの烙印を押されたら即座に削除されるメディアに表現の自由なんて全くない。

デマの烙印押す人が100%正しいなんて誰も思ってないのに・・・これぞ権力。でも真実らしきものは探せば出てくる。

鳥露で起きてる事態も、米の情報を一方的に聞かされて信じ切るほど俺は心が澄み切っていないから、調べりゃ出鱈目だらけの証拠が続々出てくる。ま、知ってても世界を変える力はないけどね。

今後はバーチャル映像が現実以上で、実体験より操作された情報が本物と思いこまされる世界が加速する。気付かず過ごすのも能天気で幸せだけど、人間に生まれたからには素直に騙されるより正常性バイアスに抵抗して自分の人生を生きて死にたい。

首にへその緒巻き付け4.2kgで生を受け56年経った日に思う事でした。

オリバー・ストーン監督の映画「UKRAINE on FIRE」興味深かったです。

江里峠T.Tのお知らせ

投稿日 2022年3月19日 土曜日

3月27日(日)にAEC恒例の江里峠T.Tを行います。

当店のお客様ならどなたでも参加できます。個人のタイム計測なので、脚力に関係なく自己の成長目安としてご参加ください。要綱は下記の通りです。

ワクチン接種証明やマスクなど必要ありません。

★ 3月27日8時AEC集合
★ 5.2㎞のヒルクライムを2本計測します。
★ スタート地点までAECより自走します。
★ 水分補給のため必ずボトルを持参してください。
★ 雨天の場合は翌週に順延します。
★ 順延決定の場合、当日朝6時までにメールでお知らせします。
★ 参加費:クラブ会員と高校生以下無料。一般500円。
★ エントリーの締め切りは3月25日(金)18時です。
参加を希望される方はAECまでご連絡ください。
次のページ »

営業日カレンダー

これから始まる



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

Translate »