スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

思い出のサイクリング

投稿日 2023年2月07日 火曜日

今から40年以上前の事なので参考にならないかもしれないが、自分が子供の頃の話。

あれは中学2年生の頃だった。先輩と2人で一緒にサイクリングに出かけたことがある。その先輩は大村の自転車屋の息子で、中学生の頃に北海道を1日300キロペースで数日走る旅をしたこともある高校生だった。

自分もそんな遠くへ走りに行きたくてプランを立てたというわけだ。

0時発の夜行列車に乗り、シートの下に新聞紙を敷いて横になるが一睡もできぬまま、二日市駅で夜明けを待って熊本方面へ走り出した。

予定は熊本まで走ってフェリーに乗り、島原から佐世保へ帰るサイクリングだった。が、このペースじゃフェリーの時間に間に合わないかもという事になり、途中からは全力疾走のタイムトライアル状態で、長洲からの船に乗ったかもしれないが記憶は曖昧。ひたすら引きずられて走った。

島原半島を走ったのはそれが初めてで道も覚えていない。大村までは相棒がいるので何とか耐えて走るも、そこから先は空腹と睡眠不足の一人旅。彼杵辺りでは何度も居眠り運転で路肩から海へ落ちそうになった。「俺は自転車で死ぬのか?」とうつろに考えながら必死で走った。

10数㎏の鉄のロード。スマホはもちろん、サイコンも腕時計もライトも持たず、所持品はスペアのチューブラータイヤとフレームポンプと多少のお金だけ。

日が暮れると危険なので、タイムリミットは丸々半日。不眠で走り続ける辛さは死と隣り合わせ。しかし走り切った達成感は一生の自信になったと思う。

3月にクラブAECJr.の卒業記念ライドを計画している。子供達にとって思い出になる走りになるといいね。

信念の男

投稿日 2023年2月02日 木曜日

昨年の出場拒否を乗り越え全豪で優勝したジョコビッチ。かっこいい。

「自分の体について自分で決定するという原則は、どんなタイトルよりも何よりも大事だから」

さすが。これぞプロスポーツ選手の鏡だと俺は思う。人の意見に左右されて失敗を重ねてきた自分には足りなかった部分で、無知と判断力のなさを恨んだことが何度もある。

でもプロ中のプロであるジョコビッチは違う。他人に強制はしないが、自分の体の事は各自で判断する自由があると言う。代償を払う覚悟を持って。

今はこうしたプロの生の声を聴くことができる時代。未来がある若者は、この意味を真剣に考え学んでほしい。

クラブAECAEC-Jr.どちらもメンバー募集中です。

 

昆虫食(参考サイトあり)

投稿日 2023年1月30日 月曜日

数年前、若者に焼肉を食わせた帰り道、昆虫食の販売機があったので試しに「俺も食うから君達も食いたまえ」と無理やり食べさせた。吐き出すほど不味くはないが美味くもないし気持ちが悪い。あんなの罰ゲーム。

大雪の話題に隠れてたが、ダボスで開かれた(自称)偉ーい人達の会議。「地球環境のためにCO2を出さない車とエネルギーを使い、メタンを出す畜産は終了。昆虫を食って、サブスクで所有物をなくし幸せに!アバターが自分の代わりに働き、外出しなくても楽しい旅行ができるようにしよーぜ!2030年に向けレッツ!グレートリセット!」と今年も面白い話をしたようだ。夢のような世界(もちろん悪夢)

ついでに世界の人口は10億くらいに減るのがちょうどいいらしい。早く世界中監視カメラで管理して減らさなきゃな。面倒だったら燃料と食料減らすか注射打てばいい。

でも嘘付きの偉い人たちはプライベートジェットとヘリとガソリン車で移動。最高級の牛肉を食い、自分はもちろんパイロットも薬は打たない。だって偉い人は俺らと違って健康で豊かな生活しなきゃいけないから当然なんだろ。

70億人くらいが我慢して家畜になれば、支配者10億が幸せになれる・・・なーんて思ってんのか?いい加減にしろよ。自分の子や孫に注射打ってから言え。

今度は家畜にワクチン打つって言ってるが、俺は薬漬けじゃない肉や魚を食いたいんだ。まして虫なんか食って生きていけるか!言ってるやつと家族がまず食ってみろ。仮面ライダーになれるかもしれんぞ。

それにもっと車や飛行機乗り継いで自由に旅行に行って、自分の目で見て手で触れる世界がいい。寝たきり老人になるまではアバターの世話にはならん。

いくら愚痴っても計画は着々と進行中。数年前なら陰謀論と言われたことも堂々と発表してる。2月から新たなステージにも入るらしい。みんなが目を覚ますしかない。

分かる人には分かる内閣府のサイト(内に「人々の幸福」とありますが、「一部の人々の幸福」の間違いです)

足の感覚

投稿日 2023年1月27日 金曜日

年末から膝の調子が悪く、ちょっとの移動も四苦八苦。年始早々流れが悪い。これじゃ老後が思いやられると真剣に対策を考え原点に戻ることにした。

トレーニングとアフターケア。どっちが欠けてもダメ。どうせハードにやるわけじゃないから、入院明けのリハビリのごとく徐々にスタートしてみた。

俺と会ったことがある人なら誰でも知ってるように普段はゾウリ履き。だが、足の負担を減らして歩くにはシューズが良いことは原始人じゃないので知っている。なのでシューズを買い、マッサージ器を準備し秘密のトレーニング開始だ。

無理せず、できる日にはやる(これが続ける秘訣?)。するとどうだ、3週間もするといい感じに感覚が変わってきた。油断はできないので慎重にだが歩き回ってると気分もいい。空を見上げると景色もいい。

が!まさにこれが油断か!?左足に違和感。これは過去数十年は経験したことが無い、だが遠い記憶にある嫌な感触。日頃から裸足で感覚を鍛えてる俺にはすぐわかる!

恐る恐る足元を見ると、ドンピシャでむにゅっと犬の糞を踏んでる!「くっそー!」まさにこの時の叫びだ。裸足にゾウリじゃなくてよかった。「今日からウンがついたか?」とおやじギャグも出た。

自転車では「危ないから下を見て走るな」と誰もが教わるが、歩く時はそうとも言えないらしい。トレーニングは奥が深い。

頭より体で

投稿日 2023年1月20日 金曜日

想像は経験の範疇を超えられるのか?

先日テスラを走らせる機会があった。テスラは数年前から知っているし、他の電気自動車で走ったことはあるけど、実車を運転するのは初めて。

EVはまだ課題も多く、充電や燃費(電費?)の問題、そもそも環境に配慮して云々とかの胡散臭さが先入観にあるから「やっぱりHVあたりが現実的だろ」などと考えていたのだが・・・

ゴージャスとは正反対のシンプル装備。タッチパネルモニターでほぼ全てを集中管理。走りは予想以上の滑らかさと力強さ。各方向をセンサーで監視しSFの世界だった自動運転は周辺状況を可視化とかまるで走るスマホだ。 その他にも電費や充電の現状等々詳しく聞くと驚くこと多々。

好みは分かれるだろうがこれが未来じゃなく現在の車の姿。おっさんになると古いモノにこだわりがちになるので、たまに先端技術を体感しないと時代遅れになる。

正直自転車もディスクブレーキや電動メカ等不必要を感じる部分もあるけど、これが時代の流れだろね。必要な人にはまだまだ足りず、不要な人にとっては無駄でしかないというのが俺の気持ちなので、メーカーは選択肢を排除せずに供給し続けて欲しい。

ロードバイクに乗ったことが無い人には気付けない感覚があるように、自分に何が必要かは先入観だけじゃなくて体感してみた方がいいかもです。

8,9日の営業時間

投稿日 2023年1月07日 土曜日

年始早々の日曜日ではありますが、明日8日は店休日とさせていただきます。翌9日は10時開店です。

この日は年に一度の大切な日。30年以上にわたりお世話になっている師との語らいの日です。

年齢を重ねると、「例年通り」という言葉も重みを増すもので、毎日が貴重に感じます。若い頃から時間は大切にと意識してきたつもりだけど、恐らく大切にし過ぎても罰は当たらないのかもしれません。

古い友人が取得し見せてくれたヘルプマーク。恥ずかしながらこの存在を自分は知りませんでした。自分以上に友人は時間の大切さを感じているはずです。

今年も一層有意義な8,760時間であればと思います。

2023年スタート

投稿日 2023年1月02日 月曜日

皆さまあけましておめでとうございます。

2023年。今年も様々な風が吹くかとは思いますが、寒さも暑さも気合で乗り切れるよう、健康に気をつけて安全運転で走りましょう。

正月は5日13時より営業開始。クラブメンバーの募集も「中学生以上年齢問わず」で常時行っていますので、年明けから自分にチャレンジ始めようと思う方はご連絡ください。

なお、2月のAECは都合により2週間の休暇をいただきます。他の日は頑張って働きますので、今年もよろしくお願い致します。

皆様が健康に過ごせる一年でありますように。

最も静かなクリスマス

投稿日 2022年12月25日 日曜日

気づいたら昨日はクリスマスイブ。恋人と過ごす若者にとっては重要イベントでも、おっさんにとってはいつもと同じ一日。何の用事もない。

バブル時代、誰もが今日より明日が良い日だと信じ、それなりに浮かれた気分になってた自分の若い頃が今では信じられない。

一時期でも日本の景気が良い時代を知る者にとって、今の日本の弱さと草食って生きてるような若者のテンションは、これまた信じられない。

日本のパーツメーカーが日本を相手にしていないんじゃないかと思うほど入荷が滞ってる。そりゃ高くで買ってくれる海外に送った方が儲かるのかもしれないけど・・・・

数年前にヨーロッパで、日本円にして3~40万のEバイクが飛ぶように売れてると聞いた時は??だったが、世界中値上がりは当たり前で、日本だけが取り残されてたので合点がいった。

これから日本もインフレと増税は進むから、ますます貧しくなるのか?激動の年を控え、最もテンション上がらないクリスマスだった。

あー何かの拍子で、もう一度バブル時代の夢をみせてくれないか。

今年の営業は明日26日までです。一年間有難うございました。

年明けは5日より営業しています。引き続きよろしくお願いいたします。

寒いけど

投稿日 2022年12月20日 火曜日

ずいぶん気温が下がってきました。夜明けは遅いし日没は早い。走れる時間が限られる季節。

自分に言い訳して引きこもりがちになるけど、北国の方々はもっと大変。冬季移動と言って関東近辺に単身赴任する選手も多くいた。

沖縄に冬季異動で来た北海道の選手らと一緒に練習していたが、時間もお金もかけてるだけあって意欲が違う。不利な環境を跳ねのけるのは気持ち次第だと思った。

東の選手は夜明けが早く朝練し易い。代わりに夕方はすぐ日が暮れるから走れない。

北の選手は冬季は雪で路面を走る事さえできない日が多く、ひたすらローラーで練習。面白くないのは分かり切ってるので、練習方法を工夫して日々続ける。

それに比べりゃ九州は恵まれていると思う。冬の気温が下がったところでマイナス2~3度。学生時代は氷が張ってても安物の薄着と裸足(昔はソックス履かない)で早朝練習できていたし、豆電球程度のお飾りライトしかなくても暗い中走っていた。夏暑いからといっても走るに困るほどじゃない。どうせ汗かくし。

俺の師匠は気合を入れるためと言って真冬に素手で国見に上っていたという。下り堪らん。

それに比べりゃウインドブレーク素材も高照度ライトも驚異的なアンダーウェアもレインウェアもある今。練習できない日はないんじゃないか?

若者は頑張りたまえ。おっさんはダウンにくるまって引きこもっておく。

春から始めるクラブジュニアのメンバーも募集中です。こちらへ。

ソロフライト

投稿日 2022年12月09日 金曜日

ついに一人で空に飛び立った舞ちゃん。航空学校が競輪学校を少し思い起こさせるので朝ドラを楽しんでいる。

同じ学校と思えないくらい自由があるのは、生徒の違いか?競輪学校があんな環境だったらとんでもなく恐ろしいことに・・・

因みに航空自衛隊の呼称が「航空宇宙自衛隊」に変わるという。なんと!パイロットは宇宙飛行士と呼ばれるのか?かっこいい!

それはともかく、ちょっと前に旅客機パイロットを一人にするというニュースを見て怖くなった。技術の進歩は分かるが、すべて自動運転できるわけじゃないだろうに、コストカットでいざという時の保険を無くすとは。いやいやそれは止めといてくれ。

以前は年間50~60回飛行機に乗ってたから、(今自転車に乗る回数より断然多い)これだとかなりリスクがあるんじゃないか?

と思ったら、やはり心配なニュースを見つけた。アメリカで機長が突然死。あわてて副操縦士が引き返したという。

世界中で激増する突然死。あちこちでバタバタ倒れる人達。日本でも例年より死亡者数が10万人を超えてるのにパイロットだけが別ってことはないだろう。

人口削減計画で機械とアバター頼みの世界に変わる。くわばらくわばら、ソロフライトになる前に飛行機乗っておかなきゃ。

関係あるかもの参考動画

次のページ »

営業日カレンダー

思い出のサイクリング



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

Translate »