スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

聖火リレー

投稿日 2021年5月08日 土曜日

昨日から聖火が県内入り。今日は佐世保市に五輪の火が到着する日。

石原さとみさんを見ることも無く、盛り上がることも無く、おそらくランナーを見ることも無い聖火リレー。ちゃんとオリンピックやってくれるのか?

テレビの中では毎日毎日神経質な程「やれ中止だ」「やれ非常事態だ」と騒ぎ立てる。世界中がテレビを見なけりゃ全く変わらぬ日常だったのに・・・

ともあれこうなった以上はこの世界で生きるしかないが、先の旅程が立てられないというのはどうにも落ち着かない。

オリンピックの観戦チケットはキープしたものの、エアチケットもホテルの予約もどうしたものか?割と自由にやってる俺でさえこうなのに、会社勤めの人などそれこそ「観戦経路不明」状態。

俺は修善寺まで行く気満々でいるから、早く「何があってもヤル!」とでも言ってくれないかな?もちろん観客入れてね。

個人の意見なので批判は受け付けません。

市民体育祭

投稿日 2021年5月01日 土曜日

記録会のお知らせ

5月9日(日)佐世保競輪場にて市民体育祭が開催されます。

1kmT.T・200mFT.T・パーシュート等の記録会となります。

脚力に関係なく小学生から大人まで、市民は無料で参加できます。

参加希望者は5月4日までにお申し込みください。

長崎県自転車競技連盟HP https://www.nagasaki-cf.com/

全てに感謝

投稿日 2021年4月27日 火曜日

皆様ありがとうございます。

昨年同様地味にひっそりと迎えました。AEC開店11周年の日。

毎年お客様方と一緒に走り、BBQで盛り上がっていた記念行事も2年連続で無し。一昨年末の忘年会以来飲食のコミュニケーションが一切やれないという寂しい事態になっています。

しかし、開店前からお世話になった方々への恩や、お客様と共に楽しく仕事をさせていただいた11年は変わりません。

ただでさえ人の顔と名前を覚えるのが苦手なのに、マスク姿で来られるお客様の顔がさっぱりわからず、勘違いしたり忘れたり・・・と失礼甚だしいAECですが、その時々の感謝の気持ちも変わりません。

子供の頃から身を置いた自転車競技の世界で体験し感じたことを、たくさんの方々に還元するのが「恩送り」だという思いでAECを営んでいます。

決して日常とは言えない状況ではありますが、地味に自分の使命を全うしたいと考えていますので、今後もAECとお付き合いいただけると嬉しく思います。

いつまで生き残れるか分からない厳しい世の中ですが、1年後の今日、仲間とのBBQに希望を持ってまた走ります。

皆様ありがとうございます。

作戦完了

投稿日 2021年4月16日 金曜日

皆さん、およそひと月ほど前に俺が大口叩いた作戦を覚えてますか?

そう、ピクリとも腕が動かなかった懸垂をできるように成る!多分できると思う。できるんじゃないかな?・・・と関白宣言並みに弱気な決意で立案した「エスカルゴ作戦」

怪我をしないようにゆっくりのろのろ進めていましたが、じつはしっかり着実に進行していました。さすが俺!

決意がその程度なので、エスカルゴ作戦の優先順位は低く、思い出したらやる程度だけど、いっちょ前に目標設定だけはしっかりしていた。「40年前並みにはできるようになる」というもの。

がむしゃらにやっていた中学生の頃と違うのは、体の使い方と練習方法の知識をちょっとだけ体得しているところ。おっさんは楽して成果を上げたい。

おかげできっちりゆっくり10回は上がるようになったからもう満足。AECに来る中学生達には楽勝。意外と早かった。はいもう一度、さすが俺!

体重と年齢が増加した分と、大昔プロスポーツ選手だった経験分を相殺しても目標は達成されたと思う。Operation completed!ゴルゴ13ならすでに立ち去っている。

若者のように「夏の海で筋肉質のボディを見せつけてやるぜ」みたいな不純な動機は無いので、崖から落ちる機会さえ無ければもうこの程度で十分。維持できれば文句なしだが・・・

「現状維持は衰退と同じ」という尊敬する友人の言葉が付いて回るので困ってる。

初レース

投稿日 2021年4月11日 日曜日

高校生のレース見学に連れて行った中学生達が今度は初レースに挑戦した。

どのカテゴリーに出ればいいかって?全く初心者なんだから一番下の「ビギナークラス」に決まってるだろ。しかもお前たちにはハンディがある。

ハンディと言っても今回は米15キロ背負って走るわけじゃないし、ヘビー級28Cのタイヤが重いということも教えてないから気付いていないはず。

そんなことよりシューズを履いていないことが問題だ。そもそもレース出走できるのかな?

俺も草履履きで練習する事はあったが、シューズを持たなかったわけじゃない。あえてそういう練習方法を試していただけだ。

中学生たちにとっての初めてのレースは土砂降りの雨。チームの先輩から借りたジャージはいっちょまえだが、ピットも走行中も足元はスニーカー。雨でペダルが滑って何度も踏み外しながらも結構走るので、他の選手から二度見されながら走った。

パンクしても自転車抱えて走ってゴールできるからアクシデントには強いかもしれない。

とりあえず上位1/3くらいには入ったので、次はシューズ履いて挑戦だな。

高校選抜

投稿日 2021年4月03日 土曜日

先日久留米で高校生のレースを見た。

野球は有名だけど、自転車もやってる「全国高校選抜自転車競技大会」。たまたま競輪場へふらっと行ったらやっていたので、偶然見ることができた。偶然。(笑

しばらく見ないうちに強豪校の勢力図も変わり、今回見る限り愛媛県のレベルの高さが目立った。短距離から長距離まで万遍なく強い選手を揃え、男女全種目中半数以上で優勝はすごい。ここ数年はこんな強さのようだ。

会場に行くと各地で指導者になっている知人らが何人かいたので話を聞いていると、どうやら松山城南の強さには黒幕がいそうだったので調べてみた。

やっぱりそうだ。優秀なヘッドコーチがいる。高校生くらいだと指導と環境次第でどうにでも化けるからね。こりゃ詳しく聞いてみようと早速そのコーチに電話し、ロードレースが終わった松山までの帰路に色々教えてもらった。

その方は以前俺達のNPOの仲間として活動してくれていた自転車大好きな先輩。競輪場で会えなかったのが残念だったけど電話の方がゆっくり話ができたのでかえって良かったかも。こりゃ松山に偵察行くしかないな。

今AECでやっているJRSをきっかけに走り出した子供達を、こんな場で表彰台に立たせてあげたいね。

江里峠T.T

投稿日 2021年3月23日 火曜日

今週末28日(日)は江里峠T.Tを予定しています。参加希望者は26日(金)までにAECまでお申し込みください。

本日時点の天気予報では雨が降るかも?当日朝の天候をみて開催判断いたします。

まずは作戦から

投稿日 2021年3月16日 火曜日

何もしないでも増えるのに、頑張っても減らないものなーんだ?

答えは「おっさんの体重」です。

昨年末に入会したおっさんメンバーは、この4か月で5キロ減ったという。同じように走ってるつもりの俺に変化はなし。どういうこと?

正直言うと「全然頑張ってないから」に決まってるんだけど、俺にとって自転車は燃費が良すぎて週に一度のサイクリング程度で痩せるのは無理。「トレーニング」レベルにならないと体重が減る見込みはない。

という事で筋トレ始めました。(これまでも何度も始めて同じ回数やめている)

手始めに懸垂でもやってみるかとパイプにぶら下がったものの、体が重くて腕が曲がらない。それどころか掴まっているのがやっと。うぉー!なんだこれ?崖から落ちそうになって、どこかを掴んだとしてもすぐ落ちるだろ。自重と引力の関係が頭を回る。地球恐るべし。

これじゃいかんと作戦タイム。10年以上前にのぼり棒で体を痛めたことがあるので、この年で無理すると取り返しがつかないことになるはず。カタツムリの速度で進む作戦に決めた。名付けて「エスカルゴ作戦」

ゴルゴ13のタイトルみたいで格好いい。決行はこの後。

俺に銃口を向けるな

投稿日 2021年3月12日 金曜日

近頃はどこに行っても検温される。

ここ10年体温なんて測ったことが無かったので、平熱が何度なのかも知らない。いや!膝の手術で入院した時は測っていたかも?もしかしてごまかして測っていなかったかも?

その程度なのに今ではどこの入り口にも体温チェックマンがいる。銃みたいな体温計をいきなりおでこに向けられるのは不愉快なので、反射的に頭を避けてしまう。

反射神経の良いチェックマンだと頭を追いかけるようにガンを向けてくるので、フェイントをかけて左右に頭を振らなきゃいけない。

断りもなしに額に銃口を向けられるのは気分のいいものじゃない。直観力を発揮する松果体にダメージがあるかもしれないというし、奴隷が処刑されてる気分になる。そういう意図も感じる。

チェックマンにしてみればただのルーティンだろうが、いきなりその行為は失礼じゃなかろうか? 俺がゴルゴ13だったら間違いなく撃ち殺されているぞ。

毎回めんどくさいけど、「おでこは嫌なので手首で測ってください」と手を出している。こっちの方が正確とも聞く。

検温自体疑問だけど、大声出して検温を拒否するつもりもないし、東郷さんのように間髪入れず撃ち殺す度胸も無いので、手首計測がデフォルトになってくれると助かるな。

タイミング

投稿日 2021年3月02日 火曜日

行動は可能な限りすぐやることを心掛けている。それなのにタイミングを逸し、これまで何度も何度もチャンスを逃してきた。

相手のことを無駄に気遣って連絡が遅れた時。めんどくさがって、まだ間に合うだろうと遅れた時。もっと良いチャンスが来るかもと見送った時。自分の素人判断に頼り過ぎた時・・・・すべてが準備不足だ。

最高のタイミングを掴むのは難しいが、満足できる範囲の最速のタイミングでは収めたいといつも思っている。思い立ったが吉日で吉時。すぐに動いた時の結果はほぼ満足との私的統計がある。

若い時の方がフットワークが軽かったのか、最高のタイミング!と思えることが多かったかも。くそう、時期を外すというのは何とも言えないほど悔しい。のろまなおっさんとは呼ばれたくない。

時々、運動不足解消や新しい趣味として自転車を始めた方々が来店する。ここまではよくあるパターン。決して遅いという事は無い。

大抵「こんな歳で自転車なんてどうなんだ?」との思いがよぎるようだが、決断し一歩踏み込んだ人だけが自転車に乗る。しかし、どんな自転車を選ぶかで今後の道は大きく変わる。電動アシスト?クロスバイク?それともロード?この違いは大きい。

乗って来られた自転車を見て「あー・・・残念!・・・」なぜ買う前に相談してくれなかったのか・・・という事も。

自分は、知らない世界に挑戦するときは専門家のアドバイスを受けるのが最良だと思っている。多少は役に立つこともあると思うので相談してください。

修正能力が高ければ、逃したチャンスよりも次のタイミングをベストと思えるはず。

次のページ »

営業日カレンダー

市民体育祭



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

Translate »