スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

アルカンシェルはサイクルスポーツの普及と選手育成と目的としたショップです。

店舗外観

店舗外観

アルカンシェルはサイクルスポーツの普及と選手育成を目的としたショップです。

そのため販売する商品は使用する選手の立場に立って考えたものを厳選しています。 お客様と予算や年齢、経験、脚力などに応じて話し合い納得できる自転車を構成することで、無駄な部分に費用をかけずにコストパフォーマンスの高い機材を提供いたします。

雑誌に書く事ができないインプレッションライダーの話や、実際の厳しいレースで経験を積んだ多くの選手達の生の声を知っているからこそのアドバイスが可能です。  アルカンシェルでは以下のようなことをやっています。

  • 完成車、フレーム、パーツ、アパレル類、サプリメント類の販売
  • 転車の整備、修理、調整、パーツ交換
  • フォームやポジションのチェックと修正、走り方の基礎講座
  • 毎日曜午前中の走行会。 
  • 会員制クラブでのレースの走り方やトレーニング方法の指導。
自転車購入のご相談もどうぞ

自転車購入のご相談も納得できるまでどうぞ。

各種パーツ・小物類も取り扱っています。

各種パーツ・小物類も取り扱っています。

会員の方は、店内のローラー台をご利用できます。

会員の方は、店内のローラー台をご利用できます。

アルカンシェルはクラブで走って強くなるだけじゃない!

安全な走り方、体を壊さない走り方、自分に合った自転車を知る。

日曜日の午前中、クラブアルカンシェル(AEC)はスタッフ指導の下トレーニング目的の走行会を行っています。レベルに応じたグループに分け、メンバー同士が教えあい、助け合って趣味を極める喜びを共有しています。

複数でのライドは交通ルールを守ることはもちろん、自転車の集団走行での共通マナーやルールを知ることで、より安全に走ることができます。最初は覚えることが多く感じても身に着けて損はない知識です。

がむしゃらに走るだけの楽しみは片鱗にすぎません。自分に合った自転車とポジションを知ることでスポーツとしての自転車は奥深く楽しむことができます。自転車購入時やクラブに関するご相談をご予約にて受け付けています。

営業日カレンダーの「AM予約専用」という日はお客様の声を落ち着いてじっくりと聞けるように設けてあります。前述のご相談がある方は遠慮なくご予約下さい。(ネット通販での購入を前提とした相談はご遠慮いただきます)

クラブ会員の増加に伴い、今のところ会員以外を対象とした定期的なサイクリングイベントは休止しています。

あなたのポジションを見直してみませんか?

自転車は個々の乗り手に合わせた設定を導き出すことで、ずいぶん楽に、また速く走れます。 サドルやハンドル、ブレーキレバーの位置をほんの数ミリ見直すことで、驚くほど効果がある場合もあります。また悪いフォームやポジションは、能力を発揮できない体の使い方であり、苦痛や故障の原因にもなります。せっかく乗るなら、少しでも自転車が楽しいと感じてもらいたいのです。

  • 今の自転車が自分に合っているのか判らない方
  • なんとなく乗っていて違和感があり苦しいと感じている方
  • もっと楽に走れるセッティングを探している方
  • ロードポジション初心者の方など

自転車競技のプロ選手として培ったノウハウで、現在ご使用の自転車を、できる限りのベストポジションに設定、調整し説明します。また、乗り手のフォーム、ペダリング指導を合わせて行うことも可能です。

ポジションチェック (予約制)

  • 指導内容 ・・・・・・・・・実際に試走しながらフォームその他トータルで説明し個別調整します
  • 所要時間 ・・・・・・・・・60~90分間程度
  • 指導料金 ・・・・・・・・・10,000円(税別)

※日時を相談で指定・要予約

※ パーツ変更等あれば別途部品代と工賃が必要な場合もあり

※クラブアルカンシェル会員は無料で定期的に行います

サイズがあまりにも体に合っていない自転車や、調整可能な範囲が極端に少ない場合、ポジションを移動できない場合もありますのでご了承ください。

ポジションチェックを終えて・・・お客様の声はこちら 

 

 

スタッフ紹介

店主 緒方伸二

専門:自転車競技 (ピスト・ロード)

店主 緒方伸二

店主 緒方伸二

1966年佐世保市出身。 中学1年より本格的に自転車競技をはじめ、高校卒業後に現競輪解説者の木庭賢也に師事、1986年競輪学校59期生としてプロデビュー。

トレーニングやレースでの怪我や故障に悩まされ、予防改善するため片山賢に師事「中庸姿勢法(姿斉)」を学ぶ。

1998年沖縄へ移住、男女ナショナルチームをはじめトレーニング合宿やレースで沖縄を訪れる日本を代表する多くの競輪、ロード、MTBのプロ選手らと親交を持つ。 シマノ、ブリヂストンアンカー、キナン、日本舗道、トレックなど多くのロード選手MTB選手に対し「中庸姿勢法(姿斉)」を通じ競技力向上に携わる。

2005年全国のジュニア選手育成と自転車競技普及を目的とし、プロロードマン三浦恭資と共に「NPO法人フレームバンク」を設立。多くの賛同者を得て全国各地でピスト、ロード、MTBの指導講習会を開く。 フレームバンクユーザーは1万名を超え、指導を行った選手からは競輪選手、インターハイチャンピオン、アジアチャンピオンらを輩出。 2007年より国土交通省方針とタイアップし、元F-1ドライバー片山右京をプロジェクトリーダーとする自転車のマナーやルールの啓蒙活動「グッドチャリズムプロジェクト」にアドバイザーとして参加。

2010年故郷佐世保に戻り、プロ選手が培ってきた「知識」「経験」を次世代の選手らへ受け継ぐこと、長崎国体を成功させることを目的に 「スポーツエイドステーション・アルカンシェル」 を設立。

アドバイザースタッフ  三浦恭資

専門:自転車競技 (ピスト・ロード・MTB)

三浦恭資

三浦恭資

1961年佐賀県鳥栖市出身。

ナショナル、ミヤタ、スギノ、シマノ、サンツアーなど実業団登録選手として活躍。その間スイス留学で優秀な成績を収め海外のチームにも認められる。

1989年プロ選手登録。長年国内外のチームで活躍。 ロード・MTBの選手、監督として4度のオリンピックに参加。

日本選手権最多5度の優勝をはじめ、世界選手権、ワールドカップなど日本代表として多くのレースで紙面に収まりきらぬ走りを続ける。

現在も選手と共に走りながら日本トップクラスの選手を育成し続ける自転車界の「キング」と呼ばれる。

Translate »