スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

競輪場へ

投稿日 2019年5月13日 月曜日

佐世保競輪場で国体予選会を兼ねた市民体育祭に参加してきました。

今回はAECからも中学生からおっさんお姉さんまで8名が参加。去年までと比較すると、ずいぶんバンクの走り方もサマになっていました。

市民体育祭は、一般社会人がバンクを全力で走ることができる希少な機会。しかもピストレーサーが無くてもロードで走れる。

自転車が好きならタイムに関係なく走ってみるのもいい経験だと思う。たった1km、たった200mでも全力を出し切れるバンクならではの感覚を味わってもらいました。

ロードバイクでとはいえ、今回は良い記録が出たので、次は固定ギアのピストレーサーでもう一段上の感覚を味わってもらいたいです。

バンク試走のあと、たまたま現れた日本のスーパースター井上昌己選手が、快くサインと記念撮影に応じてくれました。競輪マニアのT君も感激して大喜び。

次の6月はピストに限るが、7月の県民体育祭はロードバイクでの参加も可能です。バンクはルールさえ守って走れば一般道よりも安全。マスドレースは無理でもT.Tなら初心者でも走れます。今回走れなかった人もぜひどうぞ。

誰か国体に出てくれないかな・・・

トライアスロン教室のお知らせ

投稿日 2019年4月15日 月曜日

初心者講習会のお知らせ。

4月21日(日)と5月5日(日)10時より元プロトライアスリートの講師を招いてトライアスロン初心者向けの練習会を開催します。

トランジション練習のやり方、ペース配分の考え方などを教えてもらう予定です。

参加希望者には詳細をお伝えしますので、早めにAECまでご連絡ください。年齢や経験に関係なく参加できます。

ヒルクライムT.Tのお知らせ

投稿日 2019年3月16日 土曜日

今年最初の江里峠T.Tを下記要綱で開催します。自分の成長の目安にご参加ください。

日時   : 3月31日(日)8時AEC集合。11時ごろまで。

コース  : 5.2kmの山道を30秒間隔でスタート。2度計測。

参加資格 : AECのお客様で諸注意を守れる方。

参加費  : 一般500円。メンバー無料。

締め切り : 一般参加は3月25日。メンバーは29日。

定員   : 20名(定員に達し次第締め切り)

※ 完走者には後日AECの公式記録証を発行します。

※ 当日自転車の整備は行いません。整備されたロード用自転車でご参加ください。

先着順です。参加希望者は早めにAECまでメール(初回参加者)か、電話にてお申し込みください。

先ずは基本に返って初歩トレ

投稿日 2018年11月27日 火曜日

沖縄から戻り、溜まった仕事もひと段落したので「そろそろ自転車乗ってみるか」という気になってきた。

ひざの手術から5カ月、術後の違和感もだいぶ少なくなったのでローラー台は試していた。でも負荷がかかる走りをしていないので、夏場にほんのちょっとの坂道で感じた痛みを思い出すとまだ油断できない。

慎重に逆戻りしないように走らなければいけない。だっておっさんだから無理して被介護者になっても困る。

クラブに中学生のルーキーが入会したので、改めてメンバーの初歩トレーニングから始めるのにちょうどよい時期でもあった。これに便乗して自分も自転車にまたがった。

何年も自転車に乗っていたとしても自転車を乗りこなしている人は少ない。自動二輪免許取得のように8の字や一本橋走行、自転車を傾けての手離しやダンシングの重心移動、ブレーキングなど、効率よく走るのと安全に走るのどちらも役立つテクニックを遊びながら練習してもらう。

やはりというか想像以上にというか、皆うまくできない。女性メンバーが多かったが、参加してない男性もおそらく似たようなもの。パワーはあってもバランスと柔軟性が欠けているのは見りゃ分かる。でもこれは基礎トレなのでできて当たり前になっておいてほしい。

さすがに中学生は飲み込みも早いが、それ以上に返事がいい。何か指示するたびに「はい!」いい響きだ。部活で厳しい先生に鍛えられたらしい。そんな先生で良かったね。返事がいいと何でも教えたくなるものじゃよ。

一回やった程度じゃ身につきそうにないので、今後も遊びを取り入れながら何度もやって上達してもらう。基礎を身に着け危険回避能力と練習効率を上げるためにね。

俺にはその後の体力トレーニングが必要なので、2度目の初歩トレのあと意を決して走り出した。

ツールドおきなわ報告3

投稿日 2018年11月20日 火曜日

4時半にはホテルのエントランスに集合し、第一陣が真っ暗な中を2台の車にサポートされて会場へ向かう。シード権を持った数名は早くから列に並ぶ必要が無いので、一時間遅れでウォーミングアップをはじめた。

レースが始まればもう何も言うことも無い。それぞれのカテゴリーで7時ごろから順にスタートしていった。

前日までにアクシデントは出し切っているので、あとは落ち着いてスタート時間が来るのを待つだけだ。全てのカテゴリーがスタートしたら、あとはサポートしてくれる後輩たちとじりじりしながらゴールを待つだけ。自分が走る時よりも胸が苦しい。落車とメカトラだけはありませんように。

そして先発カテゴリーのゴールが始まった。チームジャージがゴール。そしてまたゴール。しかし目を凝らして見ているが来るはずの選手が来ない。彼は途中の落車でDNFとなるも大きな怪我はなかったので早速来年へ闘志を燃やしていた。

今年は風が無くタイムが良い。そしてどのカテゴリーもゴール前の集団が大きいようだ。集団でもがく練習をしていない人もいるはずなのでちょっと心配。男子のゴールが一服すると次は期待の女子レースが戻ってくる。

先にゴールした男子選手らと一緒にゴール前で身を乗り出していると、予想通りの2人が突き進んでくる。後ろが弟子2号。「ぴったりくっついて来いよ」との願い空しく150m前で車間がわずかに切れているのが見えた。くっそー!だめだ・・・残念ながら優勝を逃し2位となった。

この一年の練習も作戦もマインドコントロールも体調も、完璧とは言わずとも順調だった。けど相手が強かったので仕方ない。選手たちは限られた時間の中、それぞれによく頑張った。本当によくやったと思う。誰も褒めないので自分で言うが俺もよくやった。

出し切れた人も出し切れなかった人も、俺が言うまでもなくこの一年の経験は何かの役に立つはず。

去年の3位も今年の2位もチーム全員で獲ったと感じるが、去年の方が喜びが大きいのは優勝が目の前に見えているから。イメージが見えたらこっちのもんだ。最後の打ち上げでみんなで大喜びする日は近いな。この一休み中に今後の計画を立ててやる。悔しー!

ちなみに俺はまだメダル見せてもらってませんが?

ツールドおきなわ報告2

投稿日 2018年11月17日 土曜日

金曜に到着した選手は土曜の朝に試走。脚力と希望に応じて15~50㎞を走る。前日と違い少し風がある。今帰仁にはかかしのレーサーも応援してくれてた。

コースの試走中もたくさんの選手と出会い、町中が自転車王国みたいだ。自転車に馴染みが無い人が乗る車にとっては走り難くて迷惑かもしれないが、この日ばかりは納得してくれているか?

試走が終わり選手登録。ゼッケンを受け取ったらサンエーでお土産の買い物。もう皆も手慣れたものでさっさと買って箱詰めして発送。その後は思い思いホテルでくつろぎ、メンバーの理学療法士がマッサージもやってくれた。

今回は俺の自転車部時代の後輩二人も来てくれて、マッサー、メカニシャン、コーチ、カメラマン、アシスタント、応援団が揃った完璧体制。すごく助かったよ。

ホテルに戻ると土曜日からのメンバーがホテルに到着。エントランスでバイクを受け取るとすぐに組み立て。再度同じコースの試走に出発。コースの確認と一部を走って体調の確認をする。

その夜は、移転が決まり今日が最後の「なかま食堂」で決起集会。この店で最後のソーキそばを食べた。開店当初から昼飯を食べてきた店ともお別れだ。

あとは早目にホテルに帰り準備を済ませて眠るだけ。

ちなみにこの日は3時起床の9時就寝。そして例によって例のごとく、レース当日のおっさんの朝は超早い。

ニワトリより早い1時に目が覚めこっそりホテルの部屋を出て3時半の起床タイムを待った。待つ間、数時間後には結果が出ると思うとこの一年の練習風景が思い出されてきた。

屋内トレで割れた尻。真夏に熱中症になりかけた日。怒鳴られながら上った坂道。足が攣りながらキングと走った日。台風で吹き飛ばされそうになった日。めまいと耳鳴りのインターバル。寒さに感覚がマヒした手・・・皆の練習ノートに刻まれているはず。

さあ頑張れ!

ツールドおきなわ報告1

投稿日 2018年11月15日 木曜日

ようやく終わりました。AECの一大イベント「ツールドおきなわ」

気合を入れた分だけ終わってからの疲労は大きかったけど、体調崩すことも無く仕事に復帰してます。

今回俺と先発希望の選手はいつもより一足先の木曜日から現地入り。時間に余裕をもって調整しました。

10年前まで近くに住んでいたので、レースのコースは練習コース。移動の疲れをほぐす程度に軽く試走。メカトラブルが無いかもこの時確認する。あとは数年ぶりに馴染みの店に顔を出し、あぐーとブルーシールで腹を満たす。

のんびりホテルのスパに浸かり他のメンバーが集結する金曜の夕方まではリラックスして準備を整えていく。この1日の余裕は心身ともに大きい。

金曜朝はホテルで朝食を済ませ、バイクにカメラを取り付け軽くコース試走にスタート。昨年撮影したレースビデオでも飽きるほどシミュレーションは済ませているので、その確認程度に50キロを走る。

試走が終わるとシャワーを浴びて後はのんびり他のメンバーの到着を待つが、予定時間を過ぎてもなかなか来ない。飛行機の遅れで結局1時間遅れの到着となった。

そんなこともあろうかとホテルのチェックインを全員分済ませ、工具を持ってホテルのロビーで皆を待つ。到着と同時にバイクを組み立て機材の確認をするが、10名以上もいるとやはり幾つか移動時のトラブルがあるものだ。安物の輪行バッグに入れた2台にメカトラ。念のためにと準備していた補修パーツと工具が役に立った。

この日は身体をほぐす程度で翌日本格的な試走に向かう。いよいよ一年間準備してきたレースが始まる。

忘年会のお知らせ

投稿日 2018年11月05日 月曜日

AECのイメージでは、何度も回ってくる季節の周回ゴールが11月のツールドおきなわ。

正月三日の走り初め(今年は寒中水泳も)でスタートし、寒い1コーナーを乗り切ると快適季節と開店記念日のゴールデンウィークが待つ2コーナーで、ここが一番自転車が伸びるところ。その後の長いバックストレッチは梅雨と猛暑の夏場だった。

今年の梅雨は病院に逃げ込み、大好きな夏はリハビリ。3コーナーに入ると気温も落ち着き、途端に自転車も流れ出す(ローラー程度)。ここからは最後の追い込みで集中力と冷静さを保ち4コーナーに突っ込んだところ。

やるべきことはやったので、最後まで気を抜かずに力を出し切ればゴールの結果は満足できるはず。しっかりゴールラインを踏み切るまで足を止めないことが一番重要だと思ってる。

ゴール後はハンドルから手を離し体を起こしてウィニングラン。一年の余韻に浸る。

12月15日はAECの忘年会です。当店のお客様であれば参加は自由。このブログで参加者募集します。会場都合もあるため15日までにご連絡いただけると助かります。

と、油断させておいて12月9日に今年最後の江里峠T.T。

やらなきゃ損

投稿日 2018年10月30日 火曜日

三浦さんとやる講習会は十数年前のフレームバンクから。小中学生から大学社会人まで、公園や競輪場など全国いろんな所でやってきた。

講師は三浦さん以外にも日本を代表する選手や元選手達が、自分が持つノウハウを受講者のレベルに応じて教えてくれた。当然すべてを伝えることはできないが、理解できる人や意欲を持つ人には余すことなく伝える気持ちを講師誰もが持っていた。

自転車に乗れない女の子が走れるようになった時の笑顔と、ご両親の喜び様は今でも忘れない。競技に取り組む学生の真剣な眼差しも、自転車にはまったおじさんたちの「目から鱗」の瞬間も見ていて楽しいものだった。

当時はNPOで無償のライディングセミナー。日本中に自転車のすそ野を広げるためにやっていたが、今は力不足でごく狭い地域に限っての活動でしかない。ほぼクラブAECのメンバーくらい。しかも有料だし、情報入手はアンテナ張っていないとできない。

代償を払わずに何かを手に入れようと思っても得るものは少ないので、ちょっと高い敷居をまたいでくる人ほど多くの収穫を得ると信じている。

今回の一般参加者は申し込み時に情熱と意欲を感じたけど、走ってみたらそれ以上にすごい才能の持ち主だった。これは本格的にやらなきゃもったいない。

ジュニア世界戦で優勝したのは競技歴1年半の若者だった。長崎には競輪選手でも凄い天才がいる。日本にも才能を秘めた選手はたくさんいるはずだから、見つけた才能は埋もれさせないでほしい。

キング来佐

投稿日 2018年10月28日 日曜日

今年三度目のキングセミナー。九州男児を守る会会長の三浦さんが佐世保にやってきた。ちなみに俺は副会長。

三浦さんは相変わらずいつでもどこでも自転車に乗る。朝から佐賀で練習してきたそうだ。近況で大阪での練習の話、先日走った店長選手権の様子やレースビデオを見ながらの解説で前夜祭から盛り上がる。三浦節はいつ聞いても面白い。

そしてこれからいよいよ練習に出発する。参加者は緊張感たっぷりの中,キングの指導を受ける。クラブメンバー以外からも参加者がいるが、積極的な行動を起こす者は得るものも大きい。

たくさん習得していってください。

次のページ »

営業日カレンダー

メンバーの条件

営業日カレンダー

« 2019年5月»
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
  • AM&PM営業日
  • AM予約専用/PM営業日

最近の投稿

アルカンシェルまでの地図

過去の投稿

カテゴリー



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

管理者専用

Translate »