スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

盗難車手配

投稿日 2024年5月26日 日曜日

当店のお客様の自転車が佐世保市内で盗まれました。

BOMA(ボーマ)のフレームもサドルも赤と黒で配色されたバイクです。シフトケーブルが赤。ブレーキケーブルが黒。タイヤのサイドは赤。市販車ではないので、他に同じものはないはずです。

警察にも届けを出しているので、見つけた方はすぐに通報のご協力をよろしくお願いいたします。

他人の自転車を盗むようなクズ野郎は許せん!みんなで見つけ出しましょう。

佐世保でクリテ?

投稿日 2024年5月14日 火曜日

今年の初め頃、某ルートより「佐世保でレースイベントをやるならどこでできるか?」の様な話があり「自転車レースに理解がある自治体でもないのに50年後の話だろ」くらいの気持ちで軽く聞いていた。

それがなんと!来年のツールド九州の会場になるというから驚き! クリテリウムとはいえ、佐世保市内でレース開催するとは思いもしなかった。今でも若干信じられない。ほんとか?

ツールド九州は九州の財界が音頭を取ってやっているようなので、九州各地を自転車レースを起爆剤に盛り上げようとなっているはず。レースは警察や地域の協力が不可欠だから開催が大変。なのに今回の意思決定の速さは流石!財界の本気度が表れてる。

当然人口が減ってる長崎県も乗り遅れるわけにはいかないし、IRで肩透かし食らってるから何としてもの思いはあるんだろうね。

30年以上前にプロライダーの仲間とHTBでのクリテリウムを企画し当時の取締役の方々と折衝したけど叶わず。それが忘れた頃に市中クリテを地元で見られるとは・・・感慨深いです。

クリテリウムと言っても見たことない方々が殆どだろうが、初めて見る人には自転車のスピードを実感しやすく、ハイスピードで小さな周回コースを回ってくる選手の迫力に驚くと思う。 昨年の東京駅前丸の内でのクリテなどは、自転車レース初観戦の観客でかなり盛り上がったと聞いている。しかもナイトレースだった。

去年京都のレース開場で知り合った女性のグループはクリテの衝撃で自転車ファンになったらしく、それからレースを追いかけていると言われていた。

これをきっかけに県民の自転車レースへの関心が深まればいいですね。

AECも負けじと19日に江里峠T.Tを開催します。エントリー締め切りは17日です。

AEC14年経ちました

投稿日 2024年4月27日 土曜日

おかげさまで明日AEC開店14周年を迎えます。 細々とではありますがなんとかここまでやってこられたのも、お客様や支援してくれる仲間がいてこそ。本当に感謝しています。

この間も大きく世界は変化したけど、これから先はここまで以上に急速に厳しい世界が迫って来るはずです。それでも体力が続く限り続けていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

そしてこのブログも自転車の話題に限らず、自分の思いを伝える場として書き込みます。 知人がワクチン打って数日で亡くなってから「もう国のやり方に我慢できない」と思い訴え始めました。

6月にも政府の検閲が閣議決定されそうだからいつまで書けるか分からないけど、同意できる方は読んでいただき、ピンとこないとか不快に思われる方はスルーしていただければと考えています。

自転車に関してもその他の話にしても、店では興味を持たれた方にのみ深い話はすることにしています。いずれも私の知識と情報が少しでもお役に立てればとの思いは同じです。

さて、今から1年半前に「これから増税の波が一気に襲ってくるぞ」と書きましたが、本格的に具体化してきましたね。何年も前から「インフレとばら撒きと回収は進む」とも伝えてきましたが、ついに「アレ」にも手を付けだすとはまるで詐欺。「ある所からは徹底的に取る」「あんたのモノは俺のモノ」わかっていたけどもう政府は追い剥ぎ以上。

「ある朝起きたら大変なことになっていた」も現実味を帯びてきた。寝たふりして目と耳塞ぐか事前に備えておくか? 長崎、東京、島根の住民は先ず明日の投票ですね。

ガソリン代高くて車乗れなくなる前に自転車買っておきませんか? 買えなくなるかもよ。

選抜大会観戦2

投稿日 2024年3月31日 日曜日

高校選抜を見て感じたことはいくつもあるが、昔に比べると一年生から活躍する子が多いと思う。中学生までに競技を経験する子が増えたから?身体がでかいのも多いし、食い物の違い?

一年生から当然機材も半端ないフルカーボンの高級品。俺らの学生時代はタイムを出せない者はバイコロジーオレンジに塗った水道管を溶接したようなヘビー級自転車を充てがわれてた。星飛雄馬の練習を参考にしていたくらいだから、破れたサドルと36Hホイールで重量を克服し強くなるしかなかった。

当時一年生で優勝するのは数年に一人の天才レーサー。上下関係も厳しい部活内で三年生を乗り越えていくには練習以外の苦労もある時代だった。しかし今は優しい三年生と友達のような一年生。先輩の前に正座して有難い説教を受けることも、先生がヘルメットで生徒を殴るなんてことも恐らくなくなっているはず。

それらが関係あるのか分からないけど、一年生から強い選手はよく見る。何故なんだろ?

それと知人らと共通で話題になったギアの問題。国際的に活躍するために必要なギアとトレーニング。まだ最終的な答えは出ていないのだろうが、個人差と基本が大事という認識は誰もが持っている。結局色んなトレーニングをやらずに重いギアも軽いギアも回せないから、たくさん走らなきゃいけないということになる。

競輪選手養成所も「ゆとり練習」から再度方向転換するらしい。そりゃそうだろ。

* そういえば選手宣誓は大声の勇ましいやつで、ロード優勝はキングが事前に優勝候補と教えてくれた子でした。

選抜大会観戦

投稿日 2024年3月30日 土曜日

小倉へ高校選抜大会を見に行ってきた。足の調子も不安定で迷っていたけど、面白そうな予感がしてすぐにホテルを予約。迷ったら行動あるのみ。

トラックレースの初日から最終日まで全レースを一人で観戦し、ドームとホテルの往復だけのつもりだった。が、観客席に入ろうとすると出世したJKAの職員との挨拶に始まって競輪界の先輩方や同期生、高校や大学でコーチや監督を務める知人ら意外と沢山の仲間と会う。

速度競争やポイントレースはNIPPOの大門監督とキング三浦さんの解説を横で聞きながら観戦。鬼のような二人が優しく「落車するなよ~」とかいう姿がにわかに信じられない。自分はもっとオラオラだったはずだが・・・

プロのポイントレースの走り方と展開の読み方を聞きながらワイワイ観戦してたら、キングに優勝宣言しに来た子が宣言通り逃げまくって優勝。盛り上がったなー。かっこよかったぞ。

短距離観戦は元トラックレース全日本最多優勝及びアジアチャンピオンの塩原君がちょうど挨拶に来てくれたので一緒に観戦。スプリントや1㎞の走り方と練習方法、機材の話など話題は尽きない。今は早稲田の監督になったそうでプライベートと仕事と自転車両立の大変さを熱く語ってくれた。

同じく昔一緒に競技普及活動でも汗を流した先輩は、強豪校のヘッドコーチ。日本一の選手をたくさん育て上げてる。秘訣の一部を教わったがここでは話せない。全国から数百人が教わりに来るらしい。さすがです。

夜は夜で先輩と秘密会議。寝不足と歩きすぎで足の調子は悪化。しばらく静養の必要ありだが収穫は多かったから行ってよかった。

観戦する分には抜群に戦略的中するのに自分が走ると簡単にはいかない。でもそれさえ読めなかったら話にもならない。練習もレースも頭脳と体力両方鍛えなきゃというのが共通認識でもあった。

紅こうじ

投稿日 2024年3月26日 火曜日

紅こうじが含まれた健康食品で健康被害。回復した人も含めて現在26人が入院したらしい。

で、当然製品は自主回収。販売した会社の責任者は謝罪と対応に追われ、株価はストップ安。調査の結果、原因と思われたカビ毒は検出されず「未知の成分」が原因ではないかと言われてる。

そもそも食品に添加物で色を付けたりする必要ないと思っているけど、添加物が当たり前の世の中では「未知の成分」も当たり前だろう。人間が全てを知ってるわけじゃない。だから不要なものは身体に入れたくない。

ところが、コロナ、インフルエンザ、子供の予防接種と、素人には何が何やら分からない薬と言われる劇物を赤ん坊のうちからボスボス打ち込み続ける勇ましい人々。怖くないのか? 俺は怖い。

これまでの常識を覆し、たった数カ月で完成したというコロナワクチンでは、副反応認定になってるだけでも数千人が死亡や重篤症状に陥っているのに。昨年夏時点で過去45年間全てのワクチンの被害者を大きく上回っているのに。更にまだ99%は因果関係不明と調査する気もない。

何故製薬会社は謝罪も補償も自主回収もしないのか?何故これだけ世界中に毒バラまいた会社と国会議員と組織は責任を取らないのか? 国と製薬会社の無茶苦茶無責任な契約も明らかになっているのに何故TVでは紅こうじ以上に追求しないのか?

金に目がくらんだ奴らは身内以外の命をなんだと思ってる?

選手宣誓

投稿日 2024年3月24日 日曜日

来週始まる自転車競技の高校選抜大会。その一足先に始まった選抜高校野球。

どうせ見るならプロの方が面白いから殆ど高校野球は見ないけど、ニュースで選手宣誓を見た。

なんじゃあれ?ぼそぼそと元気なく会話するような宣誓。音読か? まあそれが今風になってるとは知っているけど、もうちょっと声高々にでもいいんじゃない?「宣誓」なんだから自然と気合も入るし意気込みがにじみ出る方が自然じゃないか?無理やり抑えてるように見えて仕方なかった。

なんでもかんでも冷静がカッコいいわけじゃない。自分の感性で方言使って健闘を誓うとか、体全体で表現するとかの方が学生の自主性を重んじてて面白そう。

大人が若者を型に嵌めてやらされる式典は面白くない。何も考えない人間を育てるのが目的なんだろうけど、大学生でさえ反発しないんだから仕方ないね。

火曜日から小倉メディアドームへ選抜大会観戦に行ってきます。選手宣誓あるのかな?

他人の権利を侵害せずに、世間の常識に囚われずに、タガが外れた行動を起こせる若者を見たいおじさんです。

生きてる証

投稿日 2024年3月19日 火曜日

膝の回復具合を見るために少しだけ外を走ってみた。様子見だからそろりそろりと走って違和感があればすぐ止めるつもりで。

だが久しぶりに走るので心臓は動かず未だギアを掛ける訳にもいかず低速走行。MTBとはいえあまりにも遅い。遅すぎて倒れるんじゃないか?身の程知らずにも悔しくなってついついピッチを上げていく。だが気持ちだけが体より前に進み身体とのギャップはどんどん開いていく。

但し関節の軌道がきれいになったからか、毎日ローラーに乗ってるからか、足はそこそこ回るので心拍は上昇しスタート5分で吐き気がしてきた。

それからはほぼ休む間もなく「ヒーヒーハーハー、ヒッヒッフー」とラマーズ法で走り続ける。途中何度もリーバース寸止めで飲み込む。これって無限補給食では?  あまり早くから追い込むのは良くないし、そもそも追い込む必要など全くないのに何故だ?酸欠でなにも考えられない。

死ぬほど低速なのに救急車要請レベルに苦しんで走る姿は他人に見せられたもんじゃない。知らない人が見たら危ないおじさん。だが平静を装う余裕もない。このペースじゃもたないとか先の事など考えずとにかく「ヒッヒッフー」と命を繋ぎながら走り続ける。

たった45分のサイクリングで抜け殻になり、座り込んでもシューズが脱げない。この放心状態がきっと自転車の楽しさ。レースを戦う緊張感や恐怖心は無くても、体を使い切る充実感はある。止まらない汗と心臓の苦しさ、これが生きてる証か。

負けても悔しくない方法

投稿日 2024年3月15日 金曜日

レースシーズンの足音が近付き、みんなのやる気も徐々に上がってくる(はずの)季節。

本当は一年中レース前のモチベーションを保てたら最高なんだけど、本番までに間があるとどうしても「まだ時間あるし」と気持ちが入らない。精神力が強い人はそこが違うから強くなるしカッコいいんだよね。

冬場の練習を怠けていて春に結果が出るわけないし、夏に間に合うはずもないのだが、目の前の惰眠やおやつやYouTubeの誘惑に負けてしまう人たちの気持ち・・・・よく分かる。   サイクリングは趣味なんだからそれでもいいと思うし、楽しくやるのが一番。俺も目標設定が低いから負けじと存分に誘惑に流されている。

だけど強くなりたい人は別。どこで割り切るかによってスポーツは楽しくも苦しくもなる。 練習は頑張らず楽な範囲でやっていれば苦しくはないけどたいして面白くもないだろ。 千切れそうになった時に血圧上げて我慢する方が、すぐに諦めて離れていくよりやる意味あると思うけど「頑張れ!」はもはやパワハラ?

自分の限界に挑戦することもなく、言い訳して踏み止めるのは簡単。「強くなりたい」と言いつつ、なるべくきつい練習はしたくないと中途半端に走るくらいなら寝てればいいのに。

それでも朗報。頑張らない人にも利点はある。レースで負けても悔しい思いをせずに済む。成績がどうであろうが走るだけでぬるま湯につかったような心地良さだけは味わえる。目標を常に低く持ち、自分自身に期待していないのだから全てが上手くいくに決まっている。

逆に真剣にやればやるほど涙を流すほど悔しい思いもするし、つらく苦しい体験もしなきゃならない。そのうえ目標が高く達成の可能性は低い。だけど大きな喜びを得る時も稀にある。

どっちの生き方が面白い? 選ぶのは各自の自由だけど、AECのクラブでは後者に喜びを見つける人を応援したいですな。

江里峠T.T参加者募集

投稿日 2024年3月04日 月曜日

今年の冬はあんまり寒くなかった気がする。一番寒かった時期に入院して引きこもってたからかも?自転車で走るにはちょうど良い季節になってきたので、そろそろ恒例の江里峠タイムトライアルを行います。

期日 : 3月31日(日)9時アルカンシェル集合

締切 : 参加希望者は29日までに来店時かメールでお申し込みください。

資格 : 当店のお客様で主催者の安全指示に従える方。

内容 : AECよりスタート地点まで自走(約8km)し、5.2㎞の峠道を2本計測。

費用 : クラブ会員以外1,000円。 高校生以下無料。

詳細は参加申し込み時にお知らせします。

次のページ »

営業日カレンダー

盗難車手配



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

Translate »