スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

41年前のフレームに

投稿日 2020年11月10日 火曜日

今では知らない人もいる「シマノ600」古いクロモリの自転車を組み上げるため、パーツを寄せ集めていて出てきたリアメカがこれ。

昔のパーツ整理はアルバム整理のようなもので、見つけては眺め当時を思い出す。パーツを分解し、掃除してまた眺め、やっと組付けるので作業がどんどん遅れてしまう。

いわゆるレストアと呼ばれるものになるが、子供の頃に毎日楽しんでやってた事と同じ。それが仕事になるなんて・・・

このRDよく見ると今はない機構が付いていて面白い。工具不要でガイドプレートがカパッと動きチェーンを取り外すことができる。Rメカ交換もあっという間の便利機構。

各所に施された彫刻も近年のパーツでは省かれてしまっているのでこっちの方が確かに味はある。古いパーツの性能は劣るが合理性とかけ離れた部分に有難味を感じる人もいるだろう。

お客様に「クロモリの自転車はどうだ?」と聞かれたら「カーボンの方がいい」と迷わず答える。それでも古いモノにこだわりがあって、大切に使いたいという方にはこんな自転車を組むこともある。

今回はたまたま手にしたフレームと掘ったら出てきたパーツがあったので、クラブのメンバーの趣味に付き合い遊び気分で組んでみた。(時代考証ズレてるけど)

中古には貼らないAECのステッカーを貼り、今後手に入れるのが難しい5速用のスペアホイールをおまけに付けて納車した。

言葉の壁を乗り越え日本人の輪に入り、長年クラブの仲間として活躍してくれた友人が転勤する。俺らの合言葉は「Should be okay」現地でのアフターフォローも伝えておきます。大切に乗ってください。

最後にいいプレゼントができて良かった。

11月29日にJRSと江里峠T.Tを同時開催します。参加者募集中。

規則正しい生活

投稿日 2020年10月26日 月曜日

記憶にないほど久しぶりの夜更かしだった。

3時起床は珍しくもないが3時就寝はいつ以来だろう?閉じずに我慢できた瞼に我ながら感心する。やればできる子だ。

数年ぶりに合う友人との会話が盛り上がり、気が付けば深夜。しかも翌朝はサイクリングの約束がある。ただのサイクリングではあるが、何しろ俺は先週から乗り出したばかりの初心者。体調万全でも問題ありなのに・・・

「限られた睡眠時間を充実させるためには深く眠るしかない!」と思ったのも束の間、いつも通り4時過ぎには目が覚めた。俺の体内時計って電波式?

あと2時間寝るべきか?体内電波時計に従って起き上がるか?数分悩んだが目が冴えだしたのでいつも通り新聞を読むことにした。

問題はサイクリング。俺が最も苦手な寝不足と山道の両方を克服しなければならない。生きて帰れるか?中学生の頃の徹夜居眠りサイクリングを思い出す。

ところが走ってみると意外と快調。先週とはうって変わり膝も尻も痛くない。さすがだ。伊達に数年休養していない。マイペースで1時間半ホイホイ走って店に戻った。

眠くないのが不思議。と油断した午後、一気に睡魔が襲い掛かり閉店まで半眼で気絶状態。

やはり寝不足はいけません。その日は19時半に就寝しました。おやすみなさい。

そして翌朝はやっぱり4時起きで、規則正しくいつものペースに戻りましたとさ。

有言実行さあ行くリング

投稿日 2020年10月19日 月曜日

仕事がひと段落付いたので日曜日の練習会に参加した。といっても練習ではなくリハビリ程度の無理なく走るサイクリング。

一気にやるとぶっ壊れるのは目に見えてるから「そろりそろり」まるで狂言。心拍は120程度で汗もかかない。にもかかわらず尻やハムが痛い。ザ・運動不足!

慎重に膝のご機嫌を取りながら這うように山をずり上がり、頂上で一服。迷った末に念のためにとボトルを持って行ったのだが、やっぱりのどが渇いた。この時期だと2時間程度は給水不要だったのに身体は変化するもんだ。山頂で飲むお茶が実にうまい。おっさんに水分補給は重要だ。麦茶飲んでくつろぐ隠居じじいの図だ。

上った後に待ってるのは下り坂。話をしながらなので50km/hくらいでシャーっと下るだけだが、これがまた気持ちいい。忘れてたこの気持ちはとても新鮮だった。今日一の感動。

調子に乗って帰路の平たん路を少し踏んでみたら、思いの外足が回る。「おおっ?こりゃいいぞ」息が上がってきた弟子1号を「じわじわ」と千切ってやった。一思いに殺したりはせず「じわじわ」切るところがミソ。

ドM本領発揮で弟子1号もご満悦でした。

11月1日はジュニアライディングスクール。子供たちの参加者募集中です。

情熱の証?

投稿日 2020年10月16日 金曜日

引退後の10年間で何度も大規模断捨離を敢行してきたはずなのに・・・

知人に頼まれてパーツを探し出したら、出るわ出るわ。確かに過去に使ったパーツの記憶はあったけど、チェーンリングを100枚、ハンドルを30本、ペダルを・・・・と、次々に処分してきたはず。

なぜまだこんなにあるのか理解できん。捨ててもやっても戻ってくるのか?もしかして生えてくるのか?

しかもこれはまだ一部。俺が持ってても使うことはないし、じゃまだから必要な人に譲っていくしかない。

しかしピストのパーツが主なので使える人は限られている。一向に減る気配は無いし棺桶に入れる羽目になるかも。

手裏剣代わりにチェーンリングを使いたい忍者とか、腹筋ローラー代わりにハブを使いたいボディビルダーとかいないかな?いろんな種類とり揃えてます。

もらった物もあるけどパーツ多すぎ。レースに行った先で「あーでもないこーでもない」「調子が悪いのはセッティングのせい」等と練習不足を棚に上げてその場で買って使いまくった歴史がこうだ。ま、プロは皆似たようなものだと思う。

これも「情熱」ということにしておこう。

幸せな一日

投稿日 2020年10月12日 月曜日

先日不思議な日があったと伝えたが、相変わらず時々ママチャリは来る。

タイヤの空気注入程度は引き受けているが、他は丁重にお断りしている事はブログ読者ご存知の通り。隣の自転車屋さんを紹介しています。

心から申し訳なく思っているので、丁重にお断りするのだが、迷彩服着た陸自のごついあんちゃんと困った顔でおずおずと尋ねてくる女子大生とじゃ心象も違う。

ママチャリは扱わないというポリシーと、何とか助けてあげたい気持ちの葛藤の中、一部例外も無きにしも非ず。

先日例外的に助けた女子大生は「お礼に」と500円玉を差し出した。「仕事じゃないのでいらない」と言ったが「それでは気が収まりません」と言うので有難く学生におごってもらった。今時珍しく律儀な子だった。

それから数日、マスク姿の女性がケーキを持って現れた。この前のお礼だという。「は?なんのこと?」顔を覚えていなかったので、会話からこの前の女子大生と気づいたが、すでにお礼は頂いたし、それほど大したことはやってない。でも自転車が使えるようになって助かったそうだ。

一旦は断ったものの、せっかく買ってきてくれたものを無下に断るのも悪いし、今回も有難く頂戴した。親の育て方が分かる。きっといいところのお嬢様。

それにしてもおっさんの身に余るお返し。もしかして彼女は鶴?いや待て、ダンディなおっさんに一目惚れか?ムフフフそれなら分からんでもない・・・(アホ)

ハニートラップだったらどうしよう?等とくだらん妄想を楽しみながらおいしくケーキを頂きました。鶴さん幸せな一日をありがとう。

謎の物体

投稿日 2020年10月09日 金曜日

何気に車で通る街の変化は注意してないと気付かないもの。自転車だとよく見える物も車だと見過ごしてしまう。

それでもこれだけでかけりゃ嫌でも気づく。しばらく前からAEC試乗コース近くに積み上げられた袋。これなんだ?

でかい土嚢?牛の飼料?もしや核廃棄物?かさ上げされた土地に積み上げた謎の袋。ここに何か作るのか?確かに有り余る平地だから何か作らにゃもったいない気もする。

知ってる人は知っているんだろうが、あえて今は想像を膨らませて楽しんでいる。

子供の頃は自転車で知らない道を走り、新しい発見にワクワクしたもんだ。車だと路地や謎の細道に入ることもあまり無く、同じ光景を瞬間的に見るだけ。通り過ぎる程度じゃ好奇心は満たされない。

その点スクーターでのパトロールは小回りが利いて面白い。スピードもあるからいろんな所を見に行けるのは自転車より上。

だけど路面の感覚や風や匂いや勾配を感じるのは自転車ならでは。仕事が一区切りついたので、またちょっと走りたくなってきた。誰か誘って探検サーイクリングに行ってみようかな。

何が起こった?

投稿日 2020年9月28日 月曜日

こんなの初めてでした。ある日殆どの来客が初めて来店の方。依頼はママチャリのパンク修理。しかも次々と。

残念ながらママチャリ修理は請け負っていないので全員丁重にお断りしたが、守備範囲の来客は全然無く、一日にこんなに多数の来客を断ったのは初めて。

なんだ?どうした?何かの罠か?困ったお客様を断るのは忍びないので、他店購入のバイクでも面倒見るように心がけているが、ママチャリはやらないようにしている。非力なので重たい自転車は無理なんです(ウソ)

そしたら次はネットで買った如何にも怪しげな自転車の形をした乗り物。過去の経験からこれもなるべく扱いたくない。購入額に対して修理費がかさんだり、修理したくてもそもそも治療の見込みがなかったり・・・・

終いにゃセルフでとんでもない組み立てして持って来られた上にクレーム付けられるという意味が分からない経験もした。ネットで買った自転車は要注意。工業製品なんだから「安かろう悪かろう治療費掛かろう危なかろう」と思っておいて下さい。(我ながらうまいこと言った!)

あと4万円のコンポと20万円のコンポが同じ精度なわけないので、これもご理解ください。

仕事が無くて悔しかったので、腹いせに書いてみました。

重要箇所痛める

投稿日 2020年9月10日 木曜日

皆さん台風で被害や怪我はありませんでしたか?かなり脅された台風も通り過ぎましたが、俺は負傷しました。

過去にレースで何度も怪我をして何度も自転車に乗れなくなった。どうしようもない程の怪我なら諦めもつくが、走れそうで走れない程度だととても歯がゆい思いをする。無理して乗って悪化させたりも。

手首の怪我は、日常生活に差し支えるけど、両手があるので何とかごまかしも効く。しかし自転車には結構致命傷。ハンドルに体重が掛けられなくなるので、つい片腕で支えようとして体のバランスを崩してしまう。しまいにゃ体ガタガタに。

落車後、いつまでも手首が痛かったけど他の怪我が治ったので、早期に復帰しようと練習してたら悪化させ、復帰を遅らせてしまったこともある。

手首は用心だ。

俺は今その手首を痛めてる。落車もしないのに、自転車さえ乗っていないのに土方仕事で痛めてしまった。平日大工ではなく台風防衛での土嚢積みだ。情けないことに仕事にも多少影響している。

割と左右の手を使えるので、カバーできることはあるが、バイクのアクセルだけは左じゃ無理。練習会も今度のツーリングも危機である。

雨で延びに延びたツーリングまでは手首治さないと、休みを合わせてくれた先輩の説教が待っているかも?

有難き幸せ

投稿日 2020年9月05日 土曜日

自転車屋のブログには全く無関係だけど、最近嬉しいことが続くので書かせてもらう。

まだまだ暑い日が続くが季節はもう秋。秋と言えば果物の季節。しかも、俺が大好きな梨(特に豊水)やブドウがわんさか実る時期。夏のスイカだってうまいのが沢山ある。果物大好きの俺にはたまらん季節だ。

で、それらの果物を最近頻繁に頂く。申し訳ないくらい貰い物が多いAECだが、この時期の果物は最高!いくらでも遠慮なく頂戴することにしている。

シャクシャクの果汁たっぷりの梨。ぷりぷり果肉の桃やブドウ。真っ赤な甘いスイカ。どれも毎日、毎食食べても飽きることは無い。

有難いことに毎年季節ごとにウニや野菜や椎茸や果物や・・・と持ってきてくれる方々がいて嬉しい限り。本日ここに改めて日頃の感謝とお礼を申し上げます。

そういえば今年は宮崎の後輩からはマンゴー届いてないし、地鶏の炭火焼も最近食ってない。全く遠慮しなくていいぞ。

6日日曜日から7日月曜日にかけて台風が接近する予報です。状況によっては臨時休業とさせていただきます。

平日大工

投稿日 2020年8月23日 日曜日

趣味と言うには頻度も経験も少くておこがましいが、日曜大工が好き。

でも日曜は朝っぱらから仕事してるから、やるのは平日大工。今でもプロの大工に憧れているので、チャンスがあれば何かを作るのが至福の時。大工仕事を見るだけでも楽しいからしょっちゅうイメトレさせてもらっている。

大工仕事は知恵と工夫の蓄積で、素人と玄人の違いは歴然としている。特に経験値から導き出す段取りと手際は専門道具と相まってその技術を光らせる。

が、中にはプロとは呼べない職人もいて、素人の俺が思いつくアイデアや手順さえもイメージできていない。技術だって「俺の方がまし」と言いたい時もある。動きは重いし休憩は長い。そんなんで日給もらっていいのか?

動く速度が半分で休憩時間が二倍。二度手間を繰り返し仕上げは適当にごまかす。最低。

どんな仕事もそれで食ってりゃプロという訳じゃない。経験や技量の差はあるから「プロ意識」の問題だと思う。「相手が素人だからバレなきゃいいさ」的な仕事をやるくらいなら「できません」と言ってくれた方が100倍親切。きっといつかはできるようになる。

誰もが完璧な仕事はできないとしても、最低ラインを守り引き上げるのがプロ。30年近く前に師匠に教わった「ボトムアップ」は終わりが無いので忘れることができない言葉。今日も大工仕事を見ながら自戒している。

いずれ大工に転職できるくらいに腕を磨きたいと本気で思っている。

その前に自転車の技術底上げしろって話ですな。

« 前のページ次のページ »

営業日カレンダー

1月9日の営業は



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

Translate »