スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

慣れてきた

投稿日 2022年8月17日 水曜日

どこでも寝転がる学生達。別に事故ったわけじゃありません。苦しんでいたので面白くて写真に収めた。

最初はその日一日中体が重かったのに、やってるうちにだんだん慣れてきて、今では「明日もどんとこい!」くらいになってきた朝練習。みんなも慣れてきたかな?

使い方によっては武器にも凶器にもなる「慣れ」。うまく生活習慣に取り込めば学生たちにとっていい夏休みになるはず。

一方、朝錬と引き換えにあまり観られなくなった朝ドラだが、すこぶる評判が悪いらしい。

こだわりなく朝ドラ見慣れた俺にも、そのしょーも無さはありあり。「純と愛」以来の朝からモヤモヤ感だなこりゃ。

同じ沖縄舞台の名作「ちゅらさん」と比較してしまうからなおさら悪い。逆説的記憶に残る作品になるかも。

しかし、アホにーにもあそこまで突き抜ければ大したもんだとか、もしかして素人作品を朝ドラでやってるのかも?とか、これ間違い探し問題だろ?と思えば楽しめる。

朝ドラ見なくても朝練で学生達と「にーに」レベルの会話を楽しんでる俺。面白いけどお前らマジでちょっとやばいぞ。

自転車もいいけど、勉強も本気で頑張っとけよ。

沖縄開催決定

投稿日 2022年8月08日 月曜日

例年ならとっくに準備を済ませ、日付が変わるのをPCの前で待っていた。

レースのエントリーやらホテルの手配やらで、時間を競ってポチリまくっていた数年前。 今年もどうなることやら?と様子見してたら、めでたく「ツールドおきなわ」開催が決定されました!

2年連続中止のブランクで、今年は一切準備もやっていなかったので、それから猛烈にスケジュール作成に勤しんでいます。

今回のツアーは参加者の平均年齢が最も若く、レース観戦でも元気をもらえそう。夜も飲みすぎでくたびれる心配はしなくてよさそう。

でも事前の準備が大切なのはどっちかといえば選手の方。「もっとやっときゃよかった」とならないよう練習頑張っときましょうね。

トレードオフ

投稿日 2022年7月31日 日曜日

何かを手に入れるなら何かを手放す。

器用な人や才能溢れる人は両方手に入れることができるのかもしれないけど、我々凡人はそうはいかんよね。

場合によっちゃ、「手放したのに手に入れられなかった」ことも沢山ある。高望みしなけりゃどうにかなっても、それじゃ面白くもないし。

自転車選手だったら、目指すところに辿り着きたいと思えば練習時間が必要になり、その分他のやりたいことができなくなる。得るものが大きいほど犠牲も大きい。

夏休みの早朝練習で、トレードオフの構図を思い出した。 アキサミヨー!練習に行くと朝ドラが見られないことに気づきでーじ大変。再放送見る余裕はないし・・・

しかしちょっと待てよ?朝ドラと引き換えに俺が手に入れるものは何だ? 若者は俺らの意表を突く行動で笑いを提供してくれるから、心の健康と引き換えか?

しかも50を過ぎたおっさんは生物学的存在価値は無いそうなので、何かやることがあるだけマシ。

せめてこっちで「ちむどんどん」させてくれよ。

早朝練習

投稿日 2022年7月26日 火曜日

夏休みの練習が始まった。学生でもないのに部活の合宿の様に朝っぱらから。

初日は集合時間前にザバザバと雨。路面は濡れたけど涼しくて丁度良いから予定通り出発した。

「昨日の雨で自転車汚れたから3時間かけて掃除したのに」というが、3時間はかけすぎだろ?ピカピカも12時間しか持たなかったな。今日も掃除だ。

一番遠い子は5時に家を出るようなので、早寝早起きの習慣が付いて規則正しい夏休みになるぞ。朝は練習。昼はクラブの大学生に勉強教えてもらい、夜はゲームなんてせずにさっさと寝るから最高の夏休みじゃないか。

そうやってクラブの先輩は若者に何かを伝え、若者は大人に元気を与える。まさに循環型社会活動。自分が受け取るだけで与える気がない方は、入会お断りのつもりです。

子供は元気に返事するくらいしかできないから、いつも大きな声を出してくれよ。

スパイ大作戦

投稿日 2022年7月16日 土曜日

タイトルの意味が分からない方は気にせずスルーしてください。

「TOPGUN」を観たついでにAmazonで「Mission Impossible」を立て続けに6本観た。

もう昨日までの俺とは違う。今なら大抵の事はやれると思う。ビルから飛び降りるくらい軽いもん。バイクで高速道路を逆走したって恐らく問題なくすり抜ける。

やれそうな気になった時は、そうでない時よりもやれるもんだ。自分で思い込めばきっとうまくいく。まさにヤクザ映画効果。

しかしイーサン・ハント状態の俺が駆るのは、セコいスクーター。ビルの谷間を飛び越えようとしても膝が痛くて走れない。ヘリに飛び移るどころか脚立の2段目からさえ飛び降りれない。きっとヤクザに絡んだらボコボコにされる。

多少現実は違ったりするものだが、気持ちだけは何でもやれそうになっていい気分になれるから、勝負の前はテンション上がる映画もいいかも。

明日は競輪場で県民体育祭。 小中学生の参加者も多くて楽しみだ。

国体を目指す選手もそうでない人も「やれる!」と自己暗示かけて頑張ってみてはどうじゃろ?

17日は観戦のため13:30より営業開始します。

夏休みの練習

投稿日 2022年7月13日 水曜日

もうすぐ夏休み。小中学生の子供がいない大人には全く関係ないはずなのに、なんだか気持ちは落ち着かない。くそう、自ら宿題背負い込んじまった。

部活をやる学生にとって夏休みは一気に競技力アップできるチャンス。俺はやってないから知らないが学力も同じだと思う。

ということで、クラブAECでも夏休みに学生連中の強化をすることに決めた。いつも決めた後に事の大変さと面倒さに多少後悔するが、やると決めなけりゃ後日もっと後悔するからやる。

40日間の間にどれくらい時間を確保できるか未定だけど、仕事もやらなきゃならんから早朝の数時間を捻出し練習に充てることにする。

俺も中3の夏休みは毎日(当時休息日と言う言葉は聞いたことがなかった)高校生と同じ練習で黒焦げになっていたから、夏休みの思い出はそれしかない。

強制はしないので希望者のみ。強くなりたいと思う者は参加すればいい。

新たにクラブに入会を希望する中高生がいれば、いつでもご連絡ください。

普通に感謝

投稿日 2022年7月10日 日曜日

この数週間体調がいまいち悪かった。内臓とか風邪とかじゃなく膝の調子が末期的不良。

ライトウェイトのホイールを一度履いて走っただけで、その後はとても自転車なんて乗れない。冥途の土産に買ったようなものだ。ま、心残りはないか。

自転車どころか車の乗り降りも、椅子やトイレも四苦八苦で、当然夜も眠れない。立っても座っても乗ってもダメなのに寝てもダメ。ということは、無重力空間しか俺の居場所はないのか?と真剣に考えるほど。

四年ぶりに手術もやむなしと覚悟も決めた。しかし前回の入院時は手術より夜の暑苦しさの方が強烈に不愉快だったので、秋になるまで我慢するしかないと考えていた。どうやって数か月ごまかすか?

ところがある朝、ぐっすり眠れた感覚で目が覚めると奇跡のようにいつもの痛みがない。なんだこの普通の感覚!神がかり的変化! 膝内部のゴリゴリと引っかかる感触が減っている。

日頃の行いが良いせいなのは間違いないが、ここまで普通に立ち座り、歩ける幸せを感じさせてくれるとは神様も粋な計らいしてくれるぜ。

人工関節の情報も仕入れたし、医学の進歩と俺の償却期間で折り合いが着けば、なんとか逃げ切れる感じもする。 無理せず大事にいこう。

変化

投稿日 2022年6月30日 木曜日

自分を変えたければ方法は3つしかない。「住むところを変える」「付き合う人を変える」そして「時間の使い方を変える」

大前研一さんの言葉だが、二度手間と現状維持が嫌いな俺は、過去に思い切って住むところを南の島に変えてみた。その後仕事も変えて付き合う人も変えた。そして試行錯誤しながら時間の使い方を変え続けている。3つともやって良かった。

「こう変わりたい」と思うだけじゃ変わらない。結局行動あるのみ。行動で変わる。

劇的な変化を楽しみながらも理想に近付く。理想に近付くと更に理想的な時間を使えるようになる。

少年たちよ、「ああなりたい。こうなりたい」と思えるものがあるだけ大したものだと思うぞ。でも思うだけじゃそうはなれない。言行一致で行動しなきゃ。

「こうなりたい」という言葉と、反対方向の行動では夢は遠のくだけだぞ。

我を捨てて、意味が分からなくてもいいから信じて行動してみろ。昨日と同じ今日なら明日も同じだろ?

やる前に考えると無駄に思えるかもしれないけど、それは素人考え。やったことないから分からないだけだ。経験者が勧めるものはやってるうちに意味が分かる。

頭空っぽにしてとにかく全力でやってみろ。年食ってくだらないプライドが身に着くとできなくなるぞ。

九州大会

投稿日 2022年6月20日 月曜日

去年の高校選抜はコロナ対策とやらでゆっくり観戦できなかったので、週末は久しぶりのピストレース観戦でした。

馴染みの佐世保競輪場で常連客達と一緒の観戦は、地元勢の活躍もあってなかなかの盛り上がり。学生時代、このスタンドで死んだように休憩してた頃を思い出した。

大抵は自分も走ったことある種目なので、レース展開上のツボや苦しさも共有できるから観戦は楽しめる。周りのメンバーも体験してほしいな。

ただ当時とは自転車も大きく変わったしギア比も変わったので、レース展開に若干違う所もある。これも時代の流れだから良し悪しは分からないけど、ポイントレースでの平均速度は落ちているとも聞くが、活きのいい選手がいると観ていて楽しめる。

機材スポーツなので、30年前の選手と今の選手が同じ機材で走ったら勝負はどうなるかなど妄想するのも面白い。

大会終盤に、当日アジア選手権に出場していた女子高生の結果がアナウンスされたが、そのタイムにはちょっとビビった。将来超有望。

ライトウェイト

投稿日 2022年6月13日 月曜日

とうとう禁断の果実に手を出してしまった。

20年ほど前に一度だけ走った感動が忘れられず、使ってみたいと思い続けていた。だけど引退後のおっさんには不要と諦めていたホイール。

しかしここにきて好みの旧型を安く入手するチャンス(もち正規品)があったので、「今買っとかないと一生後悔する」と即決購入した。

世界のトップレーサーが、ここ一番の勝負では契約ホイールを外し自腹で買ってでも使うという「ライトウェイト」昔走らせてもらった頃は「キネティック」だった。

コスト無視。超軽量。ハンドメイド。オール一体カーボン。これ以上はない純決戦用。これぞ男のホイール!

決戦用なら(俺には決戦なんて無いのだが)やっぱりチューブラーだろとキングのアドバイス通りタイヤを貼り、満を持してシェイクダウンに行ってきた。それより体のシェイプアップしろって話なんだけど。

もちろん20年前のように走れる訳ではないが、重たい体も軽量ホイールがカバーする。これだけ運動不足というのに気持ちよく走れる。おっさんでも機材で補える部分があることを証明。さすが究極のホイール。

俺にはサイクリングにしか使い道がないけど、夢のホイールを履いて一人悦に入ってます。

お得だったので念のためもう1セットだけ確保しました。

とにかく速く走りたい方、脚力を機材でカバーしたい方、最高のホイールを使いたい方等で興味ある方はお声かけください。

« 前のページ次のページ »

営業日カレンダー

オーダーはお早めに



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

Translate »