スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

JRS4回目

投稿日 2020年8月10日 月曜日

ずいぶんブログさぼってました。

猛烈に暇な時期から一転、猛烈な忙しさになり、すっかり書き込み忘れていました。

こんな時こそネタは山もりなのに、次から次に何かがあるのでどんどん忘れていく。先日川島教授から教わった認知機能の低下に間違いない。

忘れまいとすると頭が休まらず一層早起きになる。なんでこんなにやる事が増えていくんだ?若いころほど時間があった気がする。おっさんになると後先短いからと焦ってくるのか、あれもこれもやりたい事だらけ。

時間が無くて切羽詰まると、現実逃避でAmazonでビデオを見ようとしたり、バイクで走りに行こうとしたり・・・・そんな時間ないぞー!益々追い詰められていく俺。

そんな中、忘れちゃいけないイベントがある。4回目のジュニアライディングスクールを下記日時で開催します。小中学生の皆さん、初めてでも遠慮なくご参加ください。

日時 : 8月30日8時~10時ごろ (集合7時50分)

締切 : 8月23日 初参加の方は保護者とAECまでご来店ください。

詳細は ジュニアコースのページ 及びAECまでお問い合わせください。

若者は早し!

投稿日 2020年7月08日 水曜日

JRSが大雨の前でよかった。日頃の行いの良さが今回も出た。子供たちが楽しみにしていたジュニアライディングスクールは梅雨の晴れ間にドンピシャ。

前回おっさんを誉めたので、今回は若者を。

どうしようもないことかもしれないけど、年を取ると柔軟性が無くなり、素直さが無くなり、物覚えが悪くなり、屁理屈が多くなる。挙句に疲れやすくなる。

それに引き換え子供たちは素直。「やれ!」といえば「はい!」とやる。技術だって早送りのようにみるみる上達する。口だけ出してる俺が疲れてきてるのに平気な顔して何度も走る。「疲れてきただろ?」「いいえ!」・・・おじちゃんはバテテルヨ。

AECは先ず挨拶と返事から。返事が元気だと伝える側もヤル気になるから、とりあえず大きな声出しとけばOK。散々俺に怒られてきた弟子2号が適当な返事の見本を見せてくれただろ?

俺の話を聞いてなくても時々「はいっ!」と元気に言うから注意が必要。「こいつ絶対理解してないな」と思う時が多々ある。それでも小さな声よりはまし。集団走行では大きな声を出さないと危ないからな。

子供達には、やったことない事をやらせてるのに、すぐに覚えるので見ていて楽しい。説明しないと「これ何のため?」と思う練習かもしれないが、自転車を乗りこなすにはどうしても必要な事ばかり。

必要というくらいだから習得すれば必ず役に立つ。できない大人を尻目にどんどん覚えてぐんぐん上達してくれ。気づいた時には自転車を乗りこなせるようになってるはずだ。

初参加の2人も上手かったので、次回は全員揃って次のステップに進めそうだ。みんな必ず復習しておくようにね。

次回は8月末ごろやりたいと考えてます。

子供は覚えが早い

投稿日 2020年4月06日 月曜日

ジュニアライディングスクールは、自転車が好きな子供たちに安全とスポーツの基礎を習得してもらうためのもの。いずれこの中からスターが生まれるかもしれない。

体が柔らかく、頭も柔らかい子供はなんでも覚えが早い。大人が屁理屈こねたり自分の限界を考えてる間に、どんどんやる。転ぶこともあるけど、安全な練習環境で転んでおいた方が安心だしダメージも少ない。

みるみるうまくなる子供達。練習環境が良いとか悪いとか、才能が有るとか無いとか、そんなものより「やる気」が有るのか無いのかが大事。

キング三浦に今日はJRSだったと伝えたら「金の卵だ。地道にやっていこう」と言われた。キングは大勢の子供たちと奄美大島で合宿だったらしく「ハイレベルな子供達が沢山いる」とのこと。高校生や大学生も一緒に走ってるから驚異の59歳。

コロナショックで先行き見えない今だから、希望を持ってやれることをやれるうちにやる。

やろうと思えばできるのにやらずにいると、やれなくなった時に必ず後悔するがもう遅い。

スポーツ大会や部活は条件に関わらずことごとく中止や延期になり、少人数で換気の良い場所で走るJRSも次はどうなるかわからない。 ところでパチンコは球技だけど大丈夫なのか?

こっちも延期

投稿日 2020年3月29日 日曜日

3月22日に開催予定だったジュニアライディングスクールは、4月5日に延期しました。

スポーツも集会も講演もなにかも自粛ムード中ではありますが、「屋外」「少人数」「一定の間隔」という条件を担保し、政府が呼びかける「断密3密」をクリアと判断し、今のところ開催する予定です。 (近日、壇蜜さんがキャンペーンガールになると俺は読んでいる!)

しかし、今後県内の感染者が増加し状況が変わってきた場合には、以後のスクールを当面延期する可能性もあります。早く収束してほしい。

活動と自粛のバランス。経済も大切だけど健康も大切。動かないのも不健康だし動き回って感染拡大させるのも社会の迷惑。自然の中では気にならない事も人口密度の高い地域では大問題。便利になってるのか不便になってるのか分からない世の中では、辺ぴが良いとも都会が良いとも言えない。

偏り過ぎず振り回されず、信じ過ぎず疑い過ぎず、サバイバルに勝つのはバランスよく自分を信じれる者かもと思う。

来週はJRS

投稿日 2020年3月15日 日曜日

今年から始めた「ジュニアライディングスクール」の2回目を来週22日(日)に開催します。

小学3年生から中学3年生までの子供たちに、安全な走り方やトレーニングの仕方などを伝える無料の教室です。

NPO法人を率い全国各地で開催していたライディングスクールの初級版なので、子供たちが気軽に参加できるように遊び感覚で楽しくやります。前回も参加者や補助員たちの笑顔が絶えない教室になりました。

俺は女性と初心者にだけは優しいので、今のうちに来ておいた方が良い。慣れてくるとちょっと厳しいことも言うし、競技をやってる自転車部の子たちには「掃除してないバイクは持ってくるな」とかも言う。

なぜ自転車の掃除や挨拶が走るうえで大切か?などもJRSで伝えていくつもり。強くなりたい、速く走れるようになりたいも当然あるだろうけど、自転車で楽しく走りたい気持ちが一番だと思っている。

自分が知っている事は出し惜しみせずに子供たちに伝えていきます。クラブのメンバーにも「教わった事、覚えた事は伝えて欲しい」と言っています。

でも、教わるばかりで次の世代に伝える気が無い人には何も教える気がありまへん。

JRSはじめました

投稿日 2020年1月24日 金曜日

日曜日は小中学生を集めてジュニアライディングスクール。・・・の予定が、高校生やクラブのメンバー、飛び入りちびっこも交えてのスクールに。まあ誰が参加してもいいんだけどね。

クラブでは昨年もこの時期「初歩トレ」と称して自転車の基礎技術の練習をやっていた。とても重要なトレーニング。

例えばまったくの素人に釣竿を渡して魚を釣れと言ってもうまくいくワケがない。竿や釣り糸、仕掛けやエサ選びに始まり、どこでどうやれば何が釣れる・・・・とかあるはず。俺こそまったくの素人なのでさっぱり分からないし、欲しい魚が釣れるとは一ミリも思えない。海に落ちるかもしれない。

陸上競技だって子供に走り方を教えたらすぐに速くなる。ましてや道具を使うスポーツなら尚更だ。セッティングとコツを知るだけで明らかに走りやすくなる。

ほっといても研究熱心な子は自転車をいじるし、分解したり改良したり改造もする。俺も中学生の頃は仲間らと競い合って分解に加工に塗装にといそしんでいた。そうするうちにセッティングや技術や知識も身についてはくる。

でもそんな子ばかりじゃないから、エサの付け方を知るまでに何十年もかかってしまうかもしれない。数十年かけて蓄積した理論も教室ではあっという間に次の世代に伝えることができるから、人類の進化(競技力向上)スピードを上げるには気づいた大人が子供に教えるのが一番。

手ほどきする大人もうまく伝えるためには、自身の理論を整理しないといけないから自分のためになるという一石二鳥。

今後もジュニアライディングスクールは定期的に続けていくつもりなので、参加してみたいと思う子供達はいつでも申し込みに来てください。無料でやってます。

上手に走れるようになりたい大人はクラブにご加入どうぞ。

締切間近です

投稿日 2020年1月09日 木曜日

1月19日は小中学生に自転車の走り方を教える「Jr.ライディングスクール」

自分もその頃からロードで走っていたので、子供が無鉄砲なのはよくわかっているつもり。加減と限界を知らない子供は大人のようにセーブしたりしない。ガス欠まで全開で行くリミッター解除のモンスターマシンでもある。

13歳の頃には早朝から夜までかけて200キロ以上走りに行くこともあった。友人と夜行列車に自転車を積んで出発。座席の下に新聞紙を敷いて横になるが全く眠れず、徹夜で180キロ走ったこともある。自転車で居眠り運転したのはそれが最初で最後。死ぬとこだった。

慣れてくると、ちょっと走れるようになったつもりで走りも荒っぽくなり、車に撥ねられることも多かった。

スタントマンのごとくボンネットを転がったこともあるし、下り坂で落車し数十メートル転がっていったこともある。両サイドから車に挟まれ危うくハンドル潰されそうになった時は、素早く上ハンに持ち替えたので手は無事に済んだ。犬がとびかかってきて前輪に鼻突っ込まれたこともある。道路の亀裂にタイヤをとられてばったり倒れた道は狭く、後続の車が崖から落ちそうになった記憶もある。

いずれも運良く生き残ってきただけ。今ならそんな馬鹿な走りはしないと言えるほど走り方が下手だった。

せっかく自転車が好きになってくれる子供達には、そんな危険な体験をしてほしくない。可能な限り安全に走る術を覚えて親も無駄な心配を減らしてほしい。

他のスポーツと同じく自転車にもリスクは必ずある。だからこそ交通事故のリスクを少しでも減らせればと思い「JRS」を開催します。(ほんとは大人も必要なんだけど)

第1回目の申し込み締め切りは13日です。お早めに申し込みください。

また来年会いましょう

投稿日 2019年12月31日 火曜日

2019年も残り数時間。ご来店いただいたお客様方、クラブ会員の皆様には大変お世話になりました。

今日の会議と修理作業で今年の仕事は最後。クリスマスに大仕事を一つクリアしたので、とりあえずやり残しなく新年を迎えることができそうです。

新年は3日9時30分よりAEC集合で走り初めを行います。当店に顔を出したことがある方ならどなたでも参加できますので、来年の新しい自転車習慣を検討している方はお試しにご参加ください。

そして4日5日とAEC開店。代わりに6日7日は2度目の正月休みとさせていただきます。

19日には初心回帰企画として小中学生を対象にしたジュニアライディングスクールの1回目を開催。以後も定期的に続けていきます。これはクラブのメンバーは大人でも参加可能なのでどうぞ。どれだけ走れるようになっても練習しておいた方が良い基礎トレーニングからスタートです。意外と大人の方ができなかったりして・・・

そんな感じで令和2年に移行することになります。どうぞ皆様も良い年を迎えてください。

忘年会の次の週も忘れた

投稿日 2019年12月16日 月曜日

早いものでもう半月もすれば今年も終わり。あっという間に一年経った。

恒例の記念競輪勝負と忘年会も終わり、年末年始の休暇はどう取ろうか走り初めはどこに行こうかなどと考えてたら次は年賀状。数年前までは秘書をこき使って作っていたが、もう手が足りないので今年もメールでの挨拶に変更させてもらいます。

クラブは毎年11月のレースを締めにシーズンオフモードに入るので、この時期の毎日曜日ははサイクリングで楽しく走るようにしている。シーズンごとに練習方法は違うので、今は今しかできない内容で、サイクリングといえどやるとやらぬで違いは大きい。

一方やらない代表で、引きこもり気味の俺を見かねた弟子2号から「ちょっと揉んでやるから出てくるように」とLINEが入った。いつかはやるしかないと思っていた勝負なので、返り討ちにする覚悟で心の準備だけはしていたが、当日自転車と道具一式全部忘れてしまうという失態。何年も乗らないと走り方も準備の仕方も忘れてしまうようだ。反省している。

来年こそは初心に返るぞー!ということで、年明け1月19日には小中学生向けのライディングスクールを始めます。最初は少人数かと思われますが、やがて県内の自転車小僧(小娘)らがレースを席巻してくれる日を夢見て。

ちょっとでも興味がある親子は是非ご参加ください。

ライディングスクール

投稿日 2019年11月29日 金曜日

第1回ジュニアライディングスクール(JRS)の概要を発表いたします。

  • 日時 : 1月19日(日)10:00~11:30予定。10分前受付開始。
  • 集合 : アルカンシェル
  • 対象 : 小学3年生から中学3年生の自転車が好きな子供たち。
  • 資格 : ヘルメット、グローブ着用。安全に走れる自転車(車種問わず)を持参。
  • 内容 : 自転車操縦の基礎と初級~中級までのスポーツ走行技術を指導。全6回。
  • 費用 : 無料。 スポーツ保険(800円@年)に加入していただきます。
  • 申込 : 1月13日までにAECへ保護者同伴で来店しお申し込みください。

指導経験豊富な自転車競技やトライアスロンの元プロ選手と、レース経験豊富なロード愛好家達が指導します。

子供達にこそ知ってもらいたい、安全な道路走行技術の習得とスポーツバイクの楽しみ方を、ゲーム感覚の6ステップ(年間)で覚えてもらいます。

スクールは約2カ月毎に開催し、習得具合に応じて基礎から徐々にレベルアップし、年齢別カテゴリーのレースに参加し活躍できる選手を目指します。

小学生は保護者同伴で参加。中学生も初回は保護者同伴で参加してください。お問い合わせはメールでも受け付け致しますが、参加のお申し込みは必ずご来店ください。

多数の参加をお待ちいたします。

« 前のページ次のページ »

営業日カレンダー

9月17日の営業



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

Translate »