スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

パワートレーニングとは

自転車に取り付けたパワーメーター(動力計)に表示される出力を参考に走ることで、必要なトレーニングの強度や休養時期を知り、強化目的に応じた最適なトレーニングを行うものです。

低すぎるあるいは高すぎる強度でのトレーニングは無駄な時間や疲労を積み重ねることになり、トレーニング効果が上がりにくくなります。このため、効率の良いトレーニングにはパワーメーターを用いるのが最適と考えられています。

アルカンシェルでは屋内パワートレーニング用器具として「パワーマックス」及び「ワットバイク」、屋外走行やローラー台用のパワーメーターとして「パワータップ」及び「パワーキャル」を使用したトレーニングを推奨しています。また、トレーニング会員にはそれらの器具を使ったトレーニング方法の提案を行っています。

パワーマックス

パワーマックス

パワーマックス

「パワーマックス」(画像左)は、トラックなど短距離種目からロード・トライアスロンなど長距離種目までのパワートレーニングに対応可能です。競輪選手や他のプロスポーツ選手も多く使用しています。

ワットバイク

ワットバイク

ワットバイク

「ワットバイク」(画像右)は、極めて実際のロード走行に近い感覚で様々なパワートレーニングができるとともに、ペダリングスキルをコンピューター上に図形表示しながら習得することが可能です。

パワータップ/パイオニアペダリングモニター

パワータップ

パワータップ

「パワータップ」(画像左)は、パワートレーニング用の機材としてプロチームも利用する機材です。他のパワーメーターに比べ安価で精度が高く、簡単にホイールごと交換できるのが強みです。

パイオニアのペダリングモニターシステム(画像下)は、パワーセンサーをクランクに取り付けます。従来のサイコン機能の他にパワー表示や左右独立のペダリング解析ができるサイクルコンピューターと日本語でわかり易い解析ソフトが魅力です。

パイオニアペダリングモニター

パイオニアペダリングモニター

パイオニアペダリングモニター

パイオニアペダリングモニター

パワーメーターでできること

  • 心拍、ケイデンス等の他、走行中の平均出力、最大出力などを知ることが可能。
  • データを比較検討することで、自分の強みと弱みの部分を見つけることが可能。
  • 機器本体やPCで様々なデータを確認することが可能。
  • 強化が必要な部分に絞ったトレーニングを行うことが可能。
  • 脚力が数値化されることで、トレーニングの必要性と効果が明確になる。
  • 心拍計だけに頼るトレーニングよりも効果が大きい。

活用例

  • 自分の脚質を知ることでタイプに応じたレースに的を絞る。
  • 練習パートナーに振り回されることなく自己の最適な負荷でトレーニングする。
  • 日々の体力の向上や好不調の原因を数値で知る。
  • 効率の良いペダリングや省エネルギー走行の習得に役立てる。
  • 限られた時間の中での最大効率のトレーニングメニューを組み立てる。
  • レース中の出力をペース配分の正確な目安にする(特にトライアスロン、TT、ヒルクライムなど)

しかし、速度や出力、心拍などの表示を見て走るだけではサイクルコンピュータと変わりなく、パワーメーターの本当の力は発揮できません。

最初は解析ソフトやパワーメーターの操作と分析、応用方法の理解には少なからず時間を費やすことになります。

それでも、パワートレーニングの方法を理解すると、パワーメーターは脚力向上の心強いパートナーとなり、信頼できるコーチとなります。

パワートレーニングは、やるだけの価値が十二分にある画期的トレーニング法です。

Translate »