スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

若い世代に自転車の楽しみ方を伝えたい・・・

スポーツエイドステーション アルカンシェルは、これから活躍するジュニア世代に生涯スポーツとしてピストやロードバイク、トライアスロンの面白さを知ってもらいたいと考えています。

生涯スポーツとしてピストやロードバイク、トライアスロンを始めよう!

生涯スポーツとしてピストやロードバイク、トライアスロンを始めよう!

日本では、あまり競技人口が多くはありませんが、ヨーロッパ各国では地域のクラブで少年少女が大人と混じって走り、毎週のように各地で盛んにロードレースが行われており、子供から老齢まで幅広い年齢層が楽しむとてもメジャーなスポーツです。

そして球技や団体種目が苦手な子供でも問題なく始める事ができる、水泳やランニングと同様に体をバランスよく左右対称に使うなど子供時代の理想的な運動がサイクルスポーツです。

自転車はロードバイクというメカニカルな道具を使用するため整備や調整を一切専門家に任せる方が多いのは事実です。
しかし好奇心が強い子供の頃から自分でレーサーという機能美に満ちたメカを扱うことで、走る楽しみだけでなく機械いじりを楽しむこともできます。エンジニアへの道はこうした子供時代のきっかけで決まるのかもしれません。

安全な走り方を覚えよう

子供達に自転車競技、トライアスロンを教えていくにあたり、トレーニング時に必ず車と同じ車道を走ることになるため、安全な走り方を覚えることが何よりも優先しなければいけません。

安全な走り方をマスターして、楽しく走ろう!

安全な走り方をマスターして、楽しく走ろう!

クラブアルカンシェルでは、子供の頃に自転車走行のマナーとルール、正しい乗り方を指導する事が非常に重要と考えていますし、交通事故の危険性を避ける知識はこれから様々な場面で役立つと思われます。

また、専門的なペダリングスキルは10代のうちに身につけなければいけないと言われています。

子供の頃の習慣として整った姿勢や言葉、美しい字や生活リズムを身につけておくことがその子の一生に大きく影響するように、全てのスポーツにおいてメンタルとフィジカル両面から基礎を学ぶことは今後どんなスポーツを行う上でもとても大事なことです。
最初に我流で身に付いてしまった体の使い方を修正するには、大変な労力と時間を要します。

柔軟な思考と身体を持ったジュニア世代にこそ経験者のアドバイスが大切

基本スキルやマナーのアドバイスを行います。

基本スキルやマナーのアドバイスを行います。

更にアルカンシェルでは、ジュニアのスポーツクラブにありがちな勝敗最優先、強ければ全てが許されるという風潮には反対します。

ただ強いだけの選手は競技者として半人前であると考え、大人のクラブ員と交流することで礼節の大切さなどスポーツを通じた人格形成も目的としています。

国体出場、そして世界選手権優勝を目指そう!

2014年には長崎国体が開催されました。
日本最大のスポーツイベント「国民体育大会」は全国47都道府県が持ち回りで開催し、一巡して45年ぶりに長崎で開催され、数年前からの強化により好成績を残しました。

これから選手を目指す若者には国体や全日本選手権、やがては世界の舞台で活躍する夢を持って臨んでもらいたいと思います。

 

未来のアルカンシェル(世界チャンピオン)を目指す若者を
アルカンシェルは応援します。

クラブアルカンシェルについてはこちら

Translate »