スポーツエイドステーション アルカンシェル/長崎県佐世保市

ツールドおきなわ総括

投稿日 2017年11月19日 日曜日

キングタコスへ

レンタサイクルで遊ぶ打ち上げで主役を囲んでレースに行ったのでレース中に盛り上がるのは当然だけど、例年ツアー中は四六時中ハイテンション。イレギュラーも満載。

事の発端は前日夜だった。俺がもうそろそろ寝ようかという時間、参加者からピロリンと電話。輪行中にRメカにトラブルが発生したらしい。眠たかったので「明日現地で対応する」と布団に入ったが、よく考えるとおそらく無理。出発当日5時から復旧作業に取り掛かった。トラブルは重大でRメカ交換、Dハンガー修正、あわやケーブル交換という事態。レース直前にケーブル交換なんて自殺行為。しかし何とか切り抜けた。

本人曰く「もうあとは何事も起きないでしょう・・多分・・」しかし多分という一抹の不安が的中。試走中にスポーク破断。他にもパンク、運搬中のトラブルと、ありがちなアクシデントを次々対処しレース当日を迎えることに。ま、人数いればよくある事だ。俺に任せとけ。

レース遠征とはいえ、せっかくの沖縄旅行。ツアーは演出も大事だ。高級ホテルでのゆったりした時間。馴染みの食堂での郷土料理がレース前の楽しみでもある。

土曜からの参加組も合流し全員が揃う。コース下見と準備も終え皆早々にベッドに入り、翌朝3時ごろの起床に備えた。

レース結果=実力というわけじゃない。実力+運だと思う。そして運は自分で引き寄せる努力をした者に付いてくる。どっちが無くても結果は伴わないから運が回ってくるまで努力を重ねる。才能が無い人は余計にやるしかない。

結果は様々。運よく表彰台に乗った彼女の練習ノートを見せてもらったが、それに相応しい努力をしている。周囲に対する感謝も忘れていない。思考と行動の賜物だ。これなら神様もご褒美くれるだろう。更に頑張ればもっと上に行ける。

何かが足りないと思った人はそれを補えばいいだけ。来年が楽しみだね。

レースが終わったら打ち上げ!今年も最高に盛り上がった。やっぱり仲間が表彰台に乗ると一味違う。しかもレースに行けなかった者も含め、チームのメンバーが協力して勝ち取ったところに意義がある。チームアルカンシェル万歳。

飲んで騒いで3時にベッドイン。限界寸前で一瞬にして爆睡したが翌朝も元気だった。後輩の差し入れリポD3本一気飲みが効いたようだ。現地友人、なかま食堂のおやじ、みんな差し入れありがとう。参加した皆も感謝しています。

今年は空港へ行く前にい、つものタコスに加えマングローブ林を楽しむことにした。マングローブ林ではレンタサイクルのMTBを駆って大人が大はしゃぎ。「自転車楽しー!久しぶりの解放ー!」頑張ってきたからこの時間を楽しめるんですよね。

皆さん今年もありがとう。来年も楽しみましょう。

通過点クリア

投稿日 2017年11月15日 水曜日

記念撮影 表彰式で沖縄から帰ってきました。あっという間の四日間。例年通り楽しさ凝縮の四日間でした。

参加者にとって、それぞれ大きな経験と収穫を得るレースだけど、今年は目に見える収穫も。7回目の沖縄ツアーにして公約通り表彰台に上ることができました!

当然ながら残念な結果に終わった人もいるが、それもこれも今の実力と受け入れ次に目を向けるしかない。

AEC1回目のツアーから参加してくれたAさんは、最初の数回はサイクリング部門に参加。レースに参加するようになってからも途中棄権が続き心折れそうになることも。走りを見てても目を覆いたくなる下手さだった。もったいない・・・いつも思ってた。

女性だしそこまで力まなくてもいいかという思いと、どうせやるなら未知の世界を見せてやりたいという思い。自分に甘く人に厳しい俺の心が後者を選択するのは当然だった。なにより本人があきらめなかった。

近くに引っ越したのを契機にクラブに勧誘し、ようやくまともに指導できることになったが、何しろ沖縄までの期間が短すぎる。付け焼刃ではあるが、メンバーみんなが協力して練習積んでくれた。これだけメンバーの熱意を見せつけられたら俺もやるしかない。というか見るに見かねて心臓麻痺覚悟のプライベートレッスンという事になったのでした。

今回はレディース50キロで3位。想定内の最高順位だったのでよくやったと褒めてあげたが、伸びしろが大きすぎるのでまだこれは序の口。通過点をクリアした程度。本人が覚悟さえ決めれば来年には優勝させる自信がある。もうちょい上までも自信ある。

しかし俺だって誰も彼も面倒見れるわけじゃない。若い頃、徹底的に師匠から面倒見てもらっただけに、中途半端はできない。やるならそれ以上の事を自分もやりたいし、喜びの代償を払う覚悟があればそれに応える準備はある。但しこれからどうするかは本人次第。

短い人生一度きりだぜ。

最後の練習終了

投稿日 2017年11月09日 木曜日

筋肉痛に悶える男の図

いよいよ明日から沖縄へ出発。今年は過去最高に期待している。

チーム全体のレベルも上がり、練習会もサマになってきた。これまで前日本チャンピオン経験者を3人も招いて指導を受けているんだから強くならない方がおかしい。もっと強くなっててもおかしくない。

でもそこは社会人レーサーの辛いところで、継続的な練習プログラムが組めないことも多いので仕方ない。少しずつでも成長しているから良しとしてます。

その中で仕事を辞めてプロ選手のような生活を始めたメンバーの女子がひとり。どうせ時間があるならと特別に指導することにした。たった数日ではあったが、秘書以来のプライベートレッスン。(フランス映画のような響きだが、中身は仁侠映画)足はあるので足りない技術と練習方法を伝授。2割増しくらいでは強くなったと思う。今後も続けて脚質変える練習がうまくいけばガールズ競輪目指してみるか?

2年も休養してたが、俺もあきらめは悪い男。思い切って一緒に少し走ってみた。調子に乗って筋肉痛にのたうち回ることになるが、自転車で再び走れたことに感動した。骨が砕けていても気力で走れるとは自転車恐るべし。

もしかしたら今後サイクリングぐらいは復活できるかも?キングと「一緒に知らない土地を走りに行こう」と約束してるから絶対に復活したい。偉大な人の一言は大きな原動力となると身をもって理解した。

今年の沖縄は総勢15名。プラス現地スタッフ(後輩)。レースと沖縄を楽しみつつ、過去最高の成績を残す!俺の中ではこれは確定。ここでの報告を期待して待っててください。

本日9日18時より13日月曜日13時まではお休みします。

ハートブレーク

投稿日 2017年11月01日 水曜日

11月10日よりAECは恒例のツールド沖縄ツアーに出発します。

せっかく沖縄まで行って大イベントを走るなら、悔いの無いよう練習して納得できる走りをしたい。と、誰もが思うので、この時期が一番練習にも身が入る。メンバーのやる気が出たらこっちも益々やる気が出てきて、鞭を振るいたくなる。

車の中から走りを見てたら「あー、なんでそこで踏まない?」「あー、そこはギア変えるところだろ」とかもどかしい。俺が国会議員だったら「ちがうだろー!ちがうだろー!」と叫んでしまうかも。

で、辛抱たまらず自転車引っ張り出し、シューズとヘルメットのほこりを払い、車に積み込み特訓場へ繰り出した。グローブは忘れた。

「いいか見とれよ、このように走るんじゃい」とサドルに跨ると、ペダルに足が届かない!俺の足はこれ以上縮まないはずだが??こんなポジションで走っていたか? 久しぶりに乗ると自分の自転車も違和感どころの話じゃない。しかしここまできてやらないわけにはいかん。平静を装い走り出した。

「先ずは俺が見本を見せてやる」と、アップもなしに上り坂でダンシング。「おっ?意外と走れそう」調子に乗ってグイグイ行くと未熟者は遅れ気味。「オラオラ、もっと踏み上げんかい!」鼻の穴を広げて「それじゃもう一本行くぞ」

ところがうまくいったのもそこまで。次、その次と心臓が苦しくなりハートブレーク寸前。足は麻酔を打たれたように感覚がなくなり、気持ちと裏腹にオールアウトへ向け一直線。やばい!足つりそー! てめーら変な薬仕込みやがったなー!

俺の見本はここまでにしとく。これから先は悪い見本にしかならない。貫禄と威厳を失わないうちにサッサとシューズを脱いだ。

やはり俺は口先だけが似合う男。 まだ死にたくないので次にシューズを履く時はも少し準備をしていく。

九プロ見てきた

投稿日 2017年10月26日 木曜日

九州地区プロのエリミネイション

九プロって何? 朝から来客に対応していると、福岡の先輩から電話がぴろりん。「おう、お前来てるか?」「どこにですか?」「九プロ」「へー、今日だったんですね。どこですか?」「佐世保」「・・・忘れとったー!」

そうでした。九州のトッププロが集まる「九州地区プロ選手権」が今年は佐世保開催だった。慌てて競輪場へ向かうと、他県の先輩やら同期生やらが観戦に来ている。しばしレースに見入っていたが、今日は1時から予約客が入っている。いっそすっぽかすか・・・と悪魔が囁くが、さすがにそうはいかんと天使が攻防。

ギリギリ1時にAECに飛び込み用件を済ませると、久しぶりのお客様も来店。グッドタイミング!あとちょい遅れたらあなたに会えなかった。「すみませんがこれから出かけます。明日会いましょう」と告げ、「5時まで外出」の看板を出してバンクへとUターン。

こんなに店を抜け出してよいのか?との疑念も湧くが「これも芸の肥やし」と訳の分からん言い訳で自分を納得させて楽しんできた。

やっぱりプロのレースはインターハイや国体とは安心感が違う。自転車の捌きが全員うまい。これで飯食ってる人たちだから当たり前だが、力強さとキレのあるスピードとハンドル捌き。久しぶりに生でいいもの見た。やっぱり見とくべきだった。

競輪学校の同期生たちと顔を合わせると、50も過ぎてるのにいつまでもあの頃のまま。OBとなった先輩達も変わらず口が悪い。「あんまり一緒にいるとめんどくさいので」と告げてAECへ戻った。

高校の先輩からも久しぶりに電話をもらい、色んな人と会話した一日だった。

出張練習会

投稿日 2017年10月16日 月曜日

店を休んで無理やり行ってきました。 一週間前から天気予報は雨。しかも気温は徐々に下がりだし、おそらく最近では一番寒い日。それでも晴れ男の自信を持って臨んだ日曜日。

お客様からは「普段のお前の行いが試される」と言われていたが、どうにもこうにもここ数日はずっと雨予報とハードルが高すぎ。行いにも自信が無い。挙句に自称雨男も自信満々で参加してきたので、練習会は雨、風、低温という三拍子の中走ることになった。

ある日、佐世保で物足りない平たん路の練習をやろうと思いついた俺。行き当たりばったりに振り回されるメンバーたち。

指導者として呼んだ友人の元プロライダーを含め、まだ薄暗い中15人が集合し、でっかい車に自転車積み込み車3台に分乗する。準備ができたら諫早干拓地へGO! こんな日はきっと誰もいないので走りやすいはず。とか、悪条件を克服して人は強くなるのだ。とか無理やり屁理屈付けて連れ出した。

案の定、俺なら走りたくない天気。でも皆のために心を鬼にして尻を叩く。俺は走らないし😀

レースはこんな日でもやるのだ!日本チャンピオンとして海外でも活躍していたプロ選手の言葉一つ一つを聞き漏らすな。走り方を教わり、気概を感じて経験を血肉にしていくのが成長する人というものだ!とか適当なこと言って。

とは言っても今回皆を連れ出す為に使ったニンジンはウナギと温泉。俺が風邪ひかない程度にささっと練習切り上げるぞ。終了したら次は諫早名物ウナギだ。これぞ俺の本懐。ウナギを食うために俺は店を休んでいるんだ。

久しぶりに来たこの店の「特うな重」うまい!ブログ用写真を撮り忘れるうまさ。配膳も「特」から先。ここにも格差社会があった。

満足したら次は温泉。汗をかいた(俺はかいてない)後の露天風呂は格別で、庭にしとしと雨が降る中、大きな湯船であーだこーだ自転車談議を楽しんだ。

最後のおまけは参加者だけの秘密。ツールドおきなわのイメトレで締める。お客様方との店外デートが楽しい一日でした。

参加者の皆さん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

白いウィンドブレーカー消えたんだけど誰か知らない?

別の通信手段

投稿日 2017年10月12日 木曜日

クラブメンバー専用の連絡サイトがサーバーダウンしている。

きっと北朝鮮のスパイが潜り込み、サイバー攻撃に遭ったに違いない。極秘の連絡事項、隠密スケジュール、格好の餌食だ。

ライフラインの切断は重大事件だが、この時代、通信手段が一つ断たれただけで右往左往。他にもいくつかセーフティーネットを持っとかなきゃ大変困ったことになる。

結構便利に使っていたので、使えなくなるととても不便。人間は贅沢に慣れるので、大抵のものはこんな感じで失った時にありがたみを感じるようだ。

あと数日で復旧とのことなので辛抱するしかないが、他にも普通にあるものの大切さを考える良い機会になった。

次の日曜の予定は参加希望者へメールでお知らせしていますので、ご確認ください。

ある意味ヒルクライマー

投稿日 2017年10月08日 日曜日

ご無沙汰しておりました。

ようやくひと段落付きました。いつものごとくギリギリセーフで顔面蒼白にならずに済んだのも、ご先祖様と周囲の皆様のおかげです。

秘書が長い休暇を取っている間、そもそも二人分働いている俺がもう一人分はこなせない。特に事務作業は停滞することが織り込み済みだったので、人力が無理ならと最新兵器を取り入れ、時間と労力の節約に挑み、割り切って仕事を選別してきた。さすが俺。

それでもどうしても自分がやらなきゃできないことは多い。それに加え全てを人に任せきれない性分も手伝って、次から次に増えていく仕事をこなすだけの毎日。山は嫌いなのに結構高い山登りに挑戦していた。

しかーし、これからは違う。超級の山場は越えた。まだ一級二級の山はあるものの、自分の人生にとってはかなり大きな正念場はとりあえずクリア。新たなステージに進むことができる。

で、最近優先順位が落ちていた事にこれから本腰を入れる。先ずは沖縄だ。

もうあとひと月となったツールドおきなわ。今年のAECツアーは15名で南国に乗り込む。毎年選手以外にもアシスタントの女性がついてきてくれるので大変助かっている。今年も気が利く助っ人が同行してくれるので心強いです。俺は人使い荒いから現地でこき使われると覚悟しといてくださいね。これも選手の為です。

ちゅうことで、選手は応援してくれる方々のためにも、残りひと月頑張りましょう。

綱渡り

投稿日 2017年9月22日 金曜日

何が起こるかわからないとはこのこと。

次から次に起こる不測の事態。予定変更、急遽対応、臨機応変は当たり前。硬い頭じゃ対応できない。

「プロ選手」と呼ばれるようになってから考えるようになった「プロとはなんぞや?」「プロとアマの違いとは?」今は選手じゃないけど全てに引用してます。

その持論の一つ、「アクシデントやイレギュラーで崩れるのがアマ、対応できるのがプロ」 自分自身に言い続けてきた。師匠からも「ボトムアップを図れ」と言われてきた。

つまり今度の正念場は、自分をプロと呼べるかどうかの瀬戸際。乗り切るしかない。強運でこれまでもギリギリのところで乗り切ってきたからできるはず。

この一週間が勝負。詰めが甘いと言われるか、流石と言われるか、10月の顔色で分かります。

来週は営業日、営業時間の急遽変更があるかもしれません。恐れ入りますがホームページを確認してご来店ください。

一年分

投稿日 2017年9月21日 木曜日

大雨が降って「一日で一年分の降水量の〇%が降った」とか「ひと月の降水量の〇倍が降った」とか聞くことが増えた。

一年中平均的に雨が降ったり仕事が有ったりすると穏やかに暮らせるが、日照りが続いたり集中豪雨が来ると大変。

驚くことに、ここ数日で数か月分の電話を使った。ヒマな学生じゃないので、普段も用件だけで済ませる電話。それなのにその用件が多すぎる。こんなに連続で電話使った事あるのか?バッテリーがすぐに無くなり何度も充電。今月いっぱいで一年分の集中通話になるかも。

次から次にかかってくる電話。一つ用事ができればこっちからもかけなきゃならない。作業をしてたら中断。接客してたらかけなおし。間にメールも入るので、後でかけると言いながら忘れてしまうことも。忘れないように手帳に綴る。

スマホのメモ機能を使おうともしたが、やっぱりペンを走らせるほうが早いし確認が楽。アナログと言われようとも時間と確実性で今は手帳。忘れると大ごとになることもあるから何度も手帳を見直す。

もう少しでこの嵐も収まるはずだから、悔いの無いようもうひと踏ん張り。

次のページ »

営業日カレンダー

忘年会の季節

営業日カレンダー

« 2017年11月»
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
  • AM&PM営業日
  • AM予約専用/PM営業日

最近の投稿

アルカンシェルまでの地図

過去の投稿

カテゴリー



検索

タグやエントリータイトルなどキーワードを入力すると、このサイト全体から記事を検索できます。

このブログについて

スポーツエイドステーションアルカンシェルは長崎県で初めての自転車競技をメインとした会員制スポーツクラブです。

管理者専用

Translate »